スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dカラーコンパス(haloring)

haloring3D.jpg

3Dカラーコンパス(haloring)
カラーコンパス3D(haloring) こんな感じで、イメージしています。
右の図の真ん中のカラーコンパス(平面)はミクロコスモス、その下の方は潜在意識そのもっと下はさらにもっと深い集合意識、そのもっと下は宇宙の始まりになります。その大本はprimer(原初のエネルギー)ですね。

一方、上の方は体の外(外界)、水lineが、一番外側になり、体の第一防衛線、その下が気lineで、第2防衛線、その下の血lineが外界との最後の砦で、第3防衛線になり、体を外界から守っています。

これは、ビッグバンによって生まれた宇宙の構図とも似ていますね
そういう見方をすると肝心脾肺腎と気血水の生体エネルギーは、宇宙の惑星にも見えてきます。 面白い図ができました。(^^♪

これを治療に活用するには、平面のカラーコンパスをこの右の図の立体上で、上昇させたり、下降させたりして
緩めて和らげる、引き締めて充実させるなどといった考え方で取り組む方法が考えられます。漢方処方への活用法を現在、検証中でもあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。