FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季体質論 :人生 - 2007.03.18 Sun

さて、それでは本題に入りましょう。生まれてから一生を終えるまで、昔から若い時期を「青春」といいますね、そして、それ以降から中年期を「朱夏」それから老年期を迎えるまでの期間を「白秋」そして人生を極める老年期を「玄冬」と言います。
そのことから、だいたい解っていただけると思うのですが、0歳から22~23歳を「春」それから45歳までを『夏』それから67~68歳までを「秋」それから90歳までを『冬』とします。そして、縦軸はホメオスターシスつまり健康を維持する力、横軸は時間、を表します。人生は気球のようなものです。さて、それでは人生という気球に乗って、ちょっと旅にでてみましょう。

おぎゃーと、産声を上げた時からこの世界での生活が始まります。人生という気球には上昇するための、エネルギーが一杯、どんどん上昇してゆきます。最初は始めての浮上なので、少々不安定,でも、小学校高学年位を超えると飛行は安定してゆきます。時間という風に乗りどんどん上昇を始めます。この時期、ホメオスターシスも強くなってゆきます。たまに病気をするが風邪程度、少々病気をしても数日で治ります。この時期が「春」です。
やがて、20代に入ると気球は最高高度に達します。高度も充分、エネルギーもまだまだ、有り余っています。「どこまでも飛んでいける。」そんな気分にさえなります。この前後の期間は体力作りにとっても大切な時期です。この時期にどこまで、体力アップするかで、その後の飛行経路は少し変わってきます。人生の中でとても大切な時期だといえます。
さて、20代も半ばを過ぎると、少し高度は低下してきます。でもまだまだ高度は充分あるので、そのことに気付く人はまず居ないでしょう。これから社会人となり、一人前の大人になるために、皆、切磋琢磨します。人生の行く末を決定するとても大切な期間です。少々無理もしなければなりません。でも、ホメオスターシスは充分に保たれているので、まだ、まだ、大丈夫、あまり病気もせず、病気になっても少し薬を飲めば治ってしまいます。これから、45歳位までが「夏」です。

そして、45歳位から、そろそろ「年かなあ」という自覚症状が現れ始めます。「今まで、これ位は平気だったのに」と体力の衰えを感じだすのです。でも、人生は実りの秋、収穫の時期を迎えます。人生の仕上げを始めなければなりません。しかも社会的責任、家族に対する責任が一番大きい時期でもあります。人生という気球はその高度を下げ始めます。ホメオスターシスが低下してくるのです。それはやらなければならないことと皮肉にも反比例してゆきます。ですから、この時期は人生で最も注意をしなければならない時なのです。私は気球に乗った経験はありませんが、おそらく、気球の操作で、最も注意を要するのは高度を下げてゆく時ではないでしょうか、この時期に無理やり上昇しようとすると、失敗をしてしまいます。下手をすると墜落しかねません。時間の流れ、ホメオスターシスの低下という事態の変化に逆らわず、無駄な重りは捨て、気球のバーナーのメンテナンスをまめに行い、行く先をしっかりと見据えなければなりません。(ここで言う、無駄な重りとは、酒、タバコ、夜更かし、などの不摂生。メンテナンスとはウォーキングなどの適度な運動、健康診断などです。)とにかく、高度の低下を最小限に留めるための、努力が大切です。この45歳から60代後半までの期間が「秋」です。

そして、人生はいよいよ仕上げの時期にさしかかります。社会に対する責務を終え、子供や孫達、次世代へのバトンタッチを考え、他の人たちのためになることを考える時期です。現代は長寿社会となりました。人生はまだまだ、あります。90歳という年齢を聞いても、驚かなくなりました。これからの自分にできる事を見極め、節制と体力づくりを心がけ、人生という気球の再浮上を目指します。この時期になると、慢性的な症状を抱える人が多くなります。何も、健康に問題の無い人のほうが少ないでしょう。時の経過とともに、「今まではこんなこと無かったのに。」ということを幾度となく経験します。この時期一番よくないのが、老化に対する焦りです。この克服はなかなか難しいことです。しかし、焦れば焦る程、症状が不安定になってしまうのも事実です。この時期に意欲の持てるもの、楽しい事、感動、感謝など、心身に良いことを少しずつ積み重ねてゆくことがとても大切だと思います。特に「ありがとう。」という言葉を誰に向かって言うのでもなく、頭の中で繰り返すことが大切だと思います。それが、人生という気球が再浮上するためのコツだと思うのです。この人生の終盤が「冬」です。

90歳になると多くの方は、ここまで生きたことの満足と積み重ねてきた経験により、少々のことでは動じなくなります。そう、達観されるのです。そうすると不思議なことに80代のときは、あれやこれやと様々な症状に悩まされていた方が、あまり、色々言わなくなります。症状のゆれ幅が小さくなるのですね。90歳の体力なりにとても、安定してくるのです。ここからはもう、自由の境地です。ゆっくりと、人生を振り返り、その素晴らしさを味わっていただきたいものです。以上が気球に乗って観てまわった人生の旅です。いかがでしたか?
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/3-19dc0682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季体質論・・・あなたの体質は? «  | BLOG TOP |  » 四季体質論

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。