2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻転生の一つの考え方2 - 2012.01.03 Tue

カラートーンサンプル 輪廻転生←図はクリックすると大きくなります。

図の解説、図の色相環は人を表しています。Hue・man(色相の人)ですね。
(十人十色といいますが、人それぞれ持って生まれた特質がパーソナルカラー
としても現れると考えていいと思います。)
そして、この世の海の底が赤味を帯びていますが、それはこの世の海の
海底が火の海であることを示唆しています。この世にダイブして生まれ
もっと、もっとと欲をかくあまり、潜りすぎると炎に包まれてしまい
真っ黒焦げになってしまいます。
生まれてから、青春時代、社会人時代の前半はそれでいいと思います。
しかし、それ以上になってもまだ潜り続けようとすると炎に包まれる
という災いに見まわれてしまうということを肝に銘じておかなければ
なりません。
ビビッドやストロングなトーンを選ぶ人は願望の強い人が多く、
ついつい潜りすぎてしまう傾向にあります。何事も程々が肝心ですね。
またダークグレイッシュ(ほぼブラック)なトーンの人も
ビビッドやストロングを選び、同様な傾向に陥ってしまいがちです。
ご注意ください。
ダークグレイッシュ(ほぼブラック)なトーンの方は黒は玄人(くろうと)
の玄(くろ)でもあります。一つの道を探求し、その道を極めることが
上手に生きるコツ、決してよそ見をして、隣の庭の芝生を羨まないことです。
他人を羨んでばかりいるとビビッドゾーンに入ってしまい、災いの
悪循環に陥ります。玄人が苦労人にならないように注意してください。

 このように、色のトーンの意味をしることで、人生のコツが
客観的に把握できますね。

 日本のバブル経済の崩壊はこの世の海をどんどん潜りすぎたことに
よって起きています。世の中はバランスです。最大に力をだしたければ
ゴリ押しの力で押し進むのではなく、共鳴力によって願いを達成する
ことが、自分にも、他人にもいい影響を与える上手なやり方だと
思います。


もう一つ付け加えるなら、この世の海の底に行くほど具体的なものが重要な
世界に、界面に近づくほど抽象的なことが重要な世界になります。
ですから、海底に近づくほど物・金・数字が大切な存在となり、界面に
近づくほど心を支えてくれる考え方・思想・哲学・芸術・文学などが
重要な世界になってきます。現世で生きるのにはその中間が一番いいと
いうことになりますね。



輪廻転生があるとして、生まれる前は空の状態とします。図の色相環に色は
ついていません。そして現世にその環が突入した瞬間にそれぞれ特有の色を
発色します。
 問題は、それぞれ特有の色、色のトーンの発色を何が因子となって決めて
いるのか、ということです。DNAでしょうか、両親から受け継ぐDNAの影響は
一番大きいでしょう、輪廻転生がなければ発色を決定づけているのはDNAもし
くは胎内で受け継ぐ母からの血液、胎内環境その他、まだ気づかれていない
因子が色を決定する要因になるのでしょう。

 輪廻転生があるのであれば、あの世、界での色の無い環の状態ですでに
発色を左右する因子を保有していることになります。それがいわゆる魂という
ことになるのでしょう。しかし、あの世では時間も空間も無いわけですから
その魂というものがどういうものなのか私たちには捉えることが難しく
なってきますね。

 輪廻転生はこの世を生きてゆく上で、わかりやすく色々な意味で支えになる
考えですね。ですが、実は輪廻転生を肯定する方が抽象的な概念を捉えなけれ
ばならずちょっと、凡人には難しい話しということになります。

 一方、輪廻転生を否定し、遺伝子や生育環境のみでの説明になってくると
事はシンプルになり、捉えやすい考えになりますが、人生観がなんだか
ドライになってしまいそうで、輪廻転生に比べると繋がり感が希薄になり
殺伐とした社会形成の要因になりそうです。
*********************************

 現実はどうなのでしょう。きっと、この世という海と個体としての細胞群
との反応によってそれぞれ個人の発色は決まってくる。この世と個体との
相互作用によりパーソナルカラーは決まってくるというのが現実では
ないでしょうか?

 その反応の仕方に、時空を超えた共通性を持つものが同じ特性を
持つものとして、共鳴し、その共鳴が生じた時にはじめて魂という
存在が発現するというのが現実的な考えではないかと思うのです。
(時空を超えた共鳴を生じるための何らかの媒体が存在すればですが、)
つまり魂とは共鳴現象そのものではないかと思うのです。

 つまり魂が輪廻転生するのではなく、この世に誕生した個体と
時空を超えて共通性を持つものが共鳴現象を引き起こすことにより
魂が発現し維持される、それが結果としては輪廻転生という表現で
表されていることになるのではないか、それが現実的な捉え方では
ないのかなぁ、と思います。

                 絵空事ですが・・・、
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/220-754c815f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うむ «  | BLOG TOP |  » トーンのまとめ

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。