2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脈診の覚え方 - 2011.11.30 Wed

脈診の簡単な覚え方、考えました。
脈診自然律療法

左手、診察者から見て、末端から 心・肝・腎 これを⇒「新・幹・線」と覚えます。
右手、診察者から見て、末端から 肺・脾・心包 これを⇒「ハイ!秘・宝」と覚えます。



 左手首には新幹線、右手首には秘宝
思い浮かべてください。これで、明日からあなたも脈診にトライできますね。

 ちなみに、これを自然律療法流に解釈すれば、脾の場所は
解釈した方が色相環の順に、色が移行してゆきスマートです。
(巡航は腎⇒肝⇒心⇒心包⇒⇒肺→腎に戻る。)
肝は気と置き換えることもできます。丁度、五臓の経絡の巡航が両手首をあわせると
メビウスの環のように流れていることになり、とても興味深いですね!!

 平田道彦先生のセミナーで、平田先生は脈診の時、右手の脈の脾に力がなければ
その人は食欲が無い。とおっしゃっていました。この脾の部分をと解釈
すると、食欲が無ければ、血液量が減りますから、当然この部分の脈圧が減ることになり
頷けますね。

 試しに、今日診療で、患者さんにさっそく脈診をしてみましたが、
脾()の部分に力の無い人は確かに
食欲が無いか、食べたいけれどもあまり食べられない、という人ばかりでした。
ちょっと、脈診がわかったような気がします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/214-f4dd5a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラーコンパスのまとめ «  | BLOG TOP |  » 4%のNormal matter

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。