FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーコンパスの中の4系統 - 2011.09.17 Sat

カラーコンパス自律神経

左上、肝臓は大循環と心肺循環の間の関所、血液とそのめぐり
は肝臓と深く関わります。
右上、腎は先天の気、生まれ持っての元気力を司ると言われています。
心は心、脾、血、と暖色系、燃焼系の系統、後天の気を司ると考えて
います。(生まれつきの心疾患は腎虚によるものと考えます。)
左下、気と肺を結ぶ、黄緑(交感神経)紫(副交感神経)はどちらも
LightとAquaの境目に当たり、自律神経系となります。

 ちなみに、Lightは光でエネルギーの象徴、Aquaは水で生命の象徴
 として表現しています。

右下、脾と水を結ぶ系は免疫系です。水は今までも述べてきましたように
胸腺、胸管などと関連し、免疫に関わります。また脾は小腸の粘膜からの
エネルギー吸収系、ここには腸内細菌叢(腸内フローラ)も深く関わります。
潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患(IBD)はこの腸内フローラの
異常との関連性もその原因として指摘されており、免疫系に関わる影響が
とても大きいようです。
この4つの図の中で、この免疫系は特に大切だと考えています。
特に、食事による免疫系への影響がこの図から理解できると思うのですが
日頃の食習慣により、改善できることなので、取り組んでいただければと
思います。

 戦後の日本の食生活で大きく変化したのは高脂肪食、乳製品の摂取率の
増加です。これにより上記のIBDやメタボ、癌など様々な疾患が増加した
可能性が指摘されています。

 何度も言いますが、脂肪分は小腸粘膜のリンパ管から吸収され
直接、免疫系と遭遇することになります。また腸内細菌叢への影響も
腸管免疫の異常に繋がると指摘されています。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/193-b089802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりにトーンの図 «  | BLOG TOP |  » 語呂合わせ

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。