FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェグレーン症候群 - 2011.08.21 Sun

ドライマウス・ドライアイをきたす疾患としてシェグレーン症候群が
有名です。その病態、及び腺外病変(間質性肺炎、間質性腎炎、リウマチ
原発性胆汁性肝硬変)の関係をカラーコンパス上に図示しました。
造血は骨髄で行われ、リンパ球のT細胞の成熟が胸腺で行われます。
このうち、CD4陽性T細胞が原因となり、唾液腺細胞のアポトーシス
を引き起こしているようです。
シェグレーン症候群とカラーコンパス
カラーコンパスのAqua blueは免疫と密接に関係があります。
この疾患の根本原因はAqua blueの異常事態です。
ですから、水関係の症状、涙が出にくい、唾液が出にくいという症状が出ます。
また腺外病変としては、aqua blue は胸部ですから、間質性肺炎、そしてその
aquablueの周辺、つまりocean blue で間質性腎炎、図では抜けましたが
慢性甲状腺炎、Mount green で原発性胆汁性肝硬変
そしてリウマチ(関節もMount greenになります。)そして、morninggreen
のところで胃液分泌低下による胃炎、発現しているわけです。

 複雑に思える、シェグレーン症候群とその随伴症状も、カラーコンパス
で眺めてみると、とてもシンプル。

 治療は塩酸セビメリンで副交感神経を刺激し唾液分泌を促します。
漢方では麦門冬湯(ocaen blue~aqua blueの処方です。)
あとはaqua blue に直接働きかける免疫抑制剤の有効性が報告されて
いるそうですが、となりのocean blueの骨髄抑制や、Mount greenの
肝機能障害などの副作用の問題もあり、扱い方が大事な問題です。

自然律療法的に考えれば、シェグレーン症候群を発症させないためには
(病気になっても、できるだけ症状を出さないことが大事。)
まず、Ocean blueつまりを養うこと、ここが根っこだろ思います。

腎を養うということは、消耗しない、無用なエネルギーの発散をしないということ
つまり、イライラなどのストレスをできるだけ少なくするということ
そして、腎を養う時間帯、つまり、夜間たっぷり休むこと、夜更かししない
ことですね。

そして、aqua blueの補色のafternoon orangeも大事、
orangeは脾、小腸からの吸収エネルギー、つまり食事が大切なのです。
特に、脂肪分は小腸粘膜のリンパ管から吸収されいきなり、リンパ液
の免疫系にさらされることになります。ですから悪い脂肪分をできるだけ
摂らないこと、それは牛・豚などの脂身、マーガリン、ショートニングなど
トランス脂肪酸の多いもの、それから乳製品のとりすぎ(脂肪分結構多いです。)
もちろん、いくらいいものを食べても、食べ過ぎはよくありません。
余ったものは酸化し悪くなります。高脂肪食は最近炎症に関わり、
喘息の治療薬である気管支拡張剤の効きが悪くなることも知られています。

このように、食事に気を配ることがとても大切なのです。
カラーコンパスでもう一度、その関係を見つめ直してみてください。

本当に治したければ、外から免疫抑制剤などで、無理やり症状を抑える
のがいいのか、それとも、腎を補い、食事に気を配って、体内の自律を
図るほうが良いのか、どちらがいいか明白ですよね。

 病気は難しく考えれば、その検査も、治療もどんどん複雑になります。
シンプルに考えれば、治療は体に優しく、体調を整える方向に進みます。
そのことを踏まえた上で、治療に取り組んでください。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/189-4a6a844a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

light aqua RGB «  | BLOG TOP |  » all in one

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。