スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひ と の誕生

ひ と の誕生です。
この記事にはあえて、解説を加えません。
画像をお楽しみください。

スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
ひとの誕生改訂1←肺の色初回の色から紫とわかる色に変更しています。(5月18日)

スライド8←心包のところを脾(心包)に改めました。(7月24日)
脾は小腸から血管・リンパ管へ栄養が吸収される時に通過する粘膜
心包は心外膜、心内膜、そして心弁膜と捉えることにしました。

スライド9

スライド10

スライド11←水色の胸部のところに、胸管を追加しています。胸管は小腸から吸収された
脂肪分が通り(肝臓へは行きません。)心臓に注ぎます。(だから、良質な脂肪を摂取しましょう。)

胸管はリンパ液を血管に送る役目を担うリンパ管の主幹で
ひとでは腹部に始まり下半身および左上半身のリンパ液を集めて上胸部で左鎖骨下静脈(静脈角)に注ぎ
心臓へ行きます。


(制作時間:2時間)
スポンサーサイト

コメント

interesting !!

おもしろいし、わかりやすいですね!
2時間、お疲れさまでした m(_ _)m

2011/05/13 (Fri) 11:42 | リコ #EMKKeHYo | URL | 編集
Re: interesting !!

> おもしろいし、わかりやすいですね!
> 2時間、お疲れさまでした m(_ _)m
自然律療法のお話しの導入にいいかなと・・・、

2011/05/13 (Fri) 13:40 | Dr.風楽(hula) #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。