FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答 - 2011.02.17 Thu

質疑応答パート2です。

Q:ある漢方の講座では、中国の地形と色が対応していると言っていました。
 国がある中央は大地の「黄」、東へ行けば大海の「青」、南は暑い「赤」、
 西は乾燥地帯の砂埃で「白」、北は暗い「黒」。
 もしそうならば、日本の風土に合わせた五行と色の関係が改めて出てくる
 のでは?
A:五行の色についての解説は諸説あるようです、この色の巡行を考えると
 東南中央西北と方角を順にめぐりますね。
 しかし、漢方では水を黒、木を青、と例えています。特にこの水が黒と
 いうところが、現代感覚的にはわかりにくい、とそう思うわけです。
 そこで、現代人の感覚でも容易に理解できる解釈法はないかな・・・、
 と思いを巡らせていたときに、この色の巡行が実は明度の順になっている
 ことに気がついたのです。この事実に気がつくのに2年もかかってしま
 いました。
 日本の風土に合わせた五行の色もあるかもしれません。
 ですが、私の目標は、陰陽の呪縛からの脱却、五行からの脱却です。

 日常にあふれる色の世界が等身大の世界です。
 その日常に合うよに伝統医療の内容をリニューアルしたいと思っています。

Q:五行と色・臓腑の対応と、先生の色・臓腑の対応では違うところが当然あります。
中 国の五行論と日本の自然律療法はそれぞれ別のものであると考えれば、「別モノ
だから・・・」と思えばいいんですけど。
五行論とパラケルススが違うように、五行論と自然律療法の色も違うと思って良い
でしょうか。

A:そう思っていただいた方が気が楽になります。でも、古典をないがしろにしている
 わけではありません。アーユルベーダ、陰陽五行などのベースがあるからこそ
 これまでの自然律療法理論があるわけで、これからも、古典を振り返りつつ
 学ばなければならないと思っています。

Q:セミナーとは関係ないのですが・・・1日の時間帯と臓腑の関係です。
中医学の時辰と臓腑の関係とBiocolorcompassでは時間帯による臓腑の対応が違う
ので当然その時間帯の体に起こる現象も考え方も違ってきます.

A:1日の時間帯と臓腑の関係は、各国の伝統医療により臓腑と季節、星や、惑星の関係
 など、共通しているところもあれば、食い違うところもあり、千差万別です。
 
 私の考えとしては、深夜は「腎」の時間です。体を休め充電するのに
 最も大切な時間帯です。アーユルベーダでは昼間と夜の2回ピッタの時間帯がありま
 すが、これは日本ではどう考えても、理解できない現象です。きっと、熱帯夜
 のことを示しているのでしょう。
 そして、夕暮れから深夜へ以降する夜の時間帯は、一日の終わりを最も
 感じる時間帯です。体調が不安定な時は特にそれを感じ易くなります。
 不安なときはこの時間帯に「憂い」がピークになります。その憂いに
 最もリンクしてくるのが「肺」です。
 早朝の4時前後紺色から緑への以降の時間帯ですが、最も病状が変動しやすい
 時間帯です。この時間は「水」に関係します。水による浄化でデットストック
 できなければ喘息が起きたり、危篤状態の方が亡くなられたり、この時間帯に
 多いのはそれが、理由なのです。
 
 といった具合に、1日の時間帯と臓腑の関係にはしっかりとした根拠があります。
 もう一度、そのような考えのもとに、一日を観察していってみてください。 
 健康管理に役立つと思います。


 

追伸:寝入りばな、咳がでたり、体調が悪いと寝入ることができなかったり
    することがあります。これは、現実世界から夢の世界へダイビングする
    際の症状です。その端境の時、体調の悪い部分の症状が出るのです。
    できれば、そのまま放置して寝てしまわずに、その時でた症状への
    対処を行い、それから入眠されることをオススメ致します。

    そうすれば、朝4時頃のデットストックタイムに病状を悪化させる
    ことなく、無事に一日を向かえることが出来ます。
    ちょっと、したことですが、これは本当に大切なことです。
    覚えておいてください。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

さっそく

回答有難うございました。まだまだ勉強不足です。
精進します・・・。

そうだ!!

>私の目標は、陰陽の呪縛からの脱却、五行からの脱却です。
>日常にあふれる色の世界が等身大の世界です。
>その日常に合うよに伝統医療の内容をリニューアルしたいと思っています。

先生のお考えに、大賛成です v-222

これを聞けただけでも、質問コーナーができて、よかったです v-10


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/152-e615b035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神戸セミナーの告知ですよ~~!! «  | BLOG TOP |  » ご質問・疑問への解答

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。