2018-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体をハイブリッドカーに例えたら・・・、 - 2010.12.28 Tue

 人体をハイブリッドカーに例えると、とても解りやすくなります。
五臓とハイブリッド
左の円の図が人体のミクロコスモス(五臓で表現)
右がハイブリッドカーの仕組み
それぞれ同じような働きを担っている箇所は
同じ色にしています。

まず、
紺色:人では腎、ハイブリッドカーでは電池になります。
   実はこの電池にあたる箇所がとても大切で、この充電が切れると
   人体でも、体調を崩しやすくなり、病弱となります。
   電動機付き自転車の充電が切れると、急にペダルが重くなりますね。
   人体も全く同じ、腎の充電が切れると、体が言うことを聞かなくなるのです。
   腎は言わば、人の電池のようなとっても大切なものなのです。

水色:人では体の水分、体液や血液中の水分になります。
   これが不足するとエンジンもオーバーヒートしますね。
   人も同じ、脱水は要注意、また、水分過剰による浮腫も要注意。

緑:人では肝臓、ハイブリッドカーでは発電機、色々な要素を取り入れて
  エネルギーを産み出すところです。代謝、合成を行う肝臓もまさに
  これに匹敵する場所です。

黄緑:モーター、これは人では気(元気の気)に匹敵します。
   どんどん前進する駆動力を発生し、エンジンの活動を助けます。

黄色:エンジン、これは人ではまさに心臓です。燃焼系のエネルギーを
   燃やして、どんどん循環させ躯体を活動させるのです。

オレンジ:電気系と燃焼系を連携させ活動のバランスをとる繋ぎ役
     人体では心包や脾にあたります。心包は心臓と肺を巡る
     循環とそのエネルギー、脾は燃焼系の栄養(車ではガソリン)
     を吸収し肝(発電機)や心(エンジン)に送る役目を果たします。

赤:人体では血液、車ではガソリンそのものこれがなければ力強い
  活動はできません。

紫:人体では肺、車では吸排気系です。酸素を取り入れることで、燃焼を
  助けます。また、CPU(コントロールパワーユニット)として、燃焼系
  電気系の活動が相互にうまく働き合うように、調整します。
  気配りの紫ですね。


 どうですか、複雑に思える人体も、ハイブリッドカーというシンプルな
システムに置き換えると、簡単でしょう?

 ここで、一番押さえておいていただきたいことは
 
 腎の大切さです。
 腎は電池です。
 充電にはとても時間がかかります。
 人の急速充電は難しいのです。(温泉、アロマ、など癒しが必要。)
 腎がやられると、心身の維持が困難になります。
 心身症、パニック障害もこの腎(電池)が疲弊したために起こっているのです。
 
 それを防ぐには、要らぬ、漏電、放電をしないこと!!
 漏電は、ため息、あきらめ、過剰な心配、恐れ、など
 放電はストレス、怒り、頑張りすぎ、執着、嫉妬、あせり、など
 で起こります。それを防ぐことです。
 生きている限り、自動的に腎(電池)の充電はされます。
 ですから、漏電、放電をしないことです。
 それが、回復のための最短コースなのです。

電池が切れている(腎が疲弊している。)のに、いくらガソリン(栄養)を入れても人体は
受け付けません。食べても元気が出ないのはそのためなのです。
電池(腎)が元気なら、どんどんガソリン(栄養)を入れても大丈夫です。
電池(腎)の状態に合わせて、ガソリン(栄養)を取り入れることです。

 今ここに書いていることは、とっても大切なことです。
今、元気な人も、頭の片隅に入れておいてください。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

y

解りやすい解説をどうもありがとう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/133-966334fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自然律療法と味付けの極意!! «  | BLOG TOP |  » 陰陽五行説の色の謎、もう一度説明します。

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。