FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオパシー、実は対蹠療法なのです。 - 2010.11.27 Sat

スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
ホメオパシーをご専門になさっている方々は、この私の仮説についてどのように
思われるでしょうか?
一番上の図の濃度の変化による色の変化、(全くの反対色になります。)
色彩生命論 野村順一 著 には マゼンタと緑の不思議な異同p73という項目に

マゼンタと緑は、秒577兆の同じ振動数を持ちます。この2色は全く異なった色なのに
どうして同じ振動率を持つのか、そのわけは、振動率のファクターとして色彩だけでなく
、極性に関する方向も重要だからです。実際、マゼンタは緑とは逆回転の方向性を持って
いるのです。

といった内容のことが書かれています。
同じ振動率のもので、極性が反対のものを合わせると、両者は消えてしまいます。
クリアーになるわけです。

濃度をドンドンドンドン薄めてゆくと全く正反対の性質のものになる。
それをもとの性質のものと合わせると、光の色の例でわかるように
白色光=クリアーになる。

反対色(補色)の光を合わせると白色光となる。
これは色の世界では常識。

ホメオパシーではある物質をドンドンドンドン薄めてそれをレメディーとして
用いているのに、それはもとの物質の性質と同じものと考えている。
宝石に見られるような物質の濃度変化と色の変化(全く反対の性質の色に
変わる。)という事実と照らし合わせると
此の考えはおかしいのではないか、と思えてくるのです。

ホメオパシーではある物質をドンドンドンドン薄めてそれをレメディーとして
用いている。だからそのレメディーは元の物質とは正反対の性質を持つものに
変化しているはずなのです。

だから、ホメオパシーは同種療法ではなく、対蹠療法なのです。
この私の仮説でゆくと、ホメオパシーは現代医学と手をとりあって
相乗効果を持って活用のできる治療法である可能性があると考えています。

私は、是非、ホメオパシーのご専門の方々のご意見をお伺いしたいと思っています。

************************************

平成22年12月6日 追記

   *対蹠:《「たいせき(対蹠)」の慣用読み》向かい合わせた足の裏のように、二つの物事が全く反対の関係にあること。正反対。kotobankuより

 私の色の理論からみたホメオパシーが効果を上げる理屈の仮説は
 足の裏を向かい合わせにした、というよりも手のひらを合わせた
 合掌療法と言い換えたほうが、私が言いたいニュアンスに近いかもしれません。
 左右の手を合わせた状態、つまり調和による病状の治癒です。
 その方が補色をあわせてクリアーな光の色になるといったイメージに
 しっくりときます。

 この考え方なら、ホメオパシーは同種療法であると、主張されてきた
 経緯も踏まえると、ホメオパシーは調和療法であると言い換えることに
 内外ともに、あまり抵抗なく受け入れられ易いのではないのかな、と考えます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ですよね

先生が展開されるお話なかで、
ワタシが一番最初に惹かれたのが、この部分です。

和み彩香の「補色でバランスと修正する」というのが、
とても落ち着く考え方ですし。

Re: ですよね

> 先生が展開されるお話なかで、
> ワタシが一番最初に惹かれたのが、この部分です。
> 和み彩香の「補色でバランスと修正する」というのが、
> とても落ち着く考え方ですし。
補色でバランスを修正する。
結局そういうことですよね。
心身の健康を考える上で、バランスを取り、クリアにしてゆく
そしてその時、治癒が訪れる。
色はその過程を視覚化してくれるので、わかりやすいですね。
カラーセラピーのあるべき姿なのだと思います。

 リコさんそれより、今日は「龍馬伝」最終回ですよ!!
終わってしまったら、何でバランスを取りますか?

そうなのです・・・

そうです!! 困ります!! 龍馬クン…
しばらくは、特集をしてくれると思いますが。。。

まぁ、パソコン前は、いつも「福山クン」ですから (^V^)V


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/127-32db86b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nalu・cure 超簡単 体操法 «  | BLOG TOP |  » 色のトーンと人生

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。