FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオスターシスレベル5の食事 - 2007.03.31 Sat

さて、さつま芋も食べられるようになりましたし、玄米粥も柔飯で摂れるようになってきました。沢庵などの漬物も少し欲しくなってきます。この時点ではそろそろ野菜を摂らないといけないのではと思いはじめますが、まだ緑の野菜は欲しくなりません。もし採ったとしても、エネルギーが高くて処理しきれないと感じるはずです。(この場合のエネルギーはカロリーではありません。)根菜類を採るようにしてください。単位容積あたりの栄養分がぎっしりと詰まった根菜類を採るほうが、弱った体に余計な負担をかけずにすみます。まだ、この段階でエネルギーの高い食物を摂っても体はそれを吸収し、代謝、合成、処理するだけの力を持ち合わせていないのです。
それでも、これだけではカロリーが足りません。植物性で補うにはもっと大量の食事をしなければなりません私達人間はゾウや牛ではありません。そんなに大量の植物性食品を摂ることは出来ません。どこかの段階で動物性の食品のお世話にならなければ、現代社会を生き抜くことが出来る体に戻れないのです。しかし、まだ豚肉や牛肉を摂るのは早すぎます。この段階でこれらの肉類を食しても、くさいオナラがでて来ます。くさいオナラがでるということは消化がうまくいかない、悪玉菌が発生していることを示しているのです。これは体にとって決して良いことではありません。
では、どうすれば良いのか・・・、そう魚を摂ればよいのです。それも焼き魚か煮魚です。まだ、生魚はいけません。魚はできれば鮭が良いでしょう。塩気があり食欲をそそってくれます。病気の回復後、最初に摂る動物性食品として適しています。魚が食べられるようになるとエネルギーレベルがアップし、今まで一人で居たかったのに、不思議と人と話しがしたくなってきます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalcure.blog77.fc2.com/tb.php/11-db85d77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホメオスターシスレベル4の食事 «  | BLOG TOP |  » 食事療法

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。