FC2ブログ

2015-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命循環の輪 - 2015.03.30 Mon

 この世の始まりを、無から始まったと規定すると、始まりと終わり、光と影、善と悪、という比較が生まれてしまう。
これがそもそもが、現在も世界のあちこちで起こっている不条理な出来事の発端となる。

 しかし、無から始まったという規定は、 無 という言葉を口にした時点で破綻している。
無とは存在しないのであり、無 と口にした時点で、無 は無ではなくなってしまっているからだ。
つまり、この規定は成立させることができないのです。

 この世に始まりも終わりも無く、全ては存在し変化し続けているということだけが事実として認めうることなのだと思います。
つまり変化こそが、この世の実体なのです。

 ではその変化にははじまりと終わりがあるのか、と考えると、始まる前の状態がなければその変化は始めることが出来ないので、変化の無い状態を想定しなければなりません。しかし、変化の無い状態とは何も無い状態であり(何かがあれば必ず変化は起きます。)変化の無い状態というのも存在しないのです。

 だからやはり、変化こそがこの世の実態なのです。

 そして、その変化には始まりが無い、始まりが無いということは終わりも無いのです。

では始まりも、終わりも無い変化とはどんなものかと考えますと、循環という答えに帰着するはずです。

循環していれば、始まりも終わりもないのです。

 始まりも終わりも無い変化がこの世の実態だということは、変化し続ける循環そのものが、この世そのものだということになります。

 その循環の変化の中で、物質が生まれ、生命が生まれ、そしてそれらが姿かたちを変え変化しまた、物質が生まれ、生命が生まれてゆきます。こういった変化し続ける循環を広い意味での生命だと捉えれば、この世は生命循環の輪なのです。

 私たちは星になる物質、星からきた物質から構成され生命として生まれてきます。そして、その生命を終えるとまた、星になる物質、星へと還る物質に変わってゆきます。そして、それは長い長い時を経てまた生命として生まれることになります。

 私たちの体の部分、部分がどこでどうなって、どれになるのかなどと考えてはいけません。

私たちは生命循環の壮大な流れのほんの一部分であり、それがまた粉々になって壮大な循環の流れに還ってゆくのです、その時も私たちは生命循環の輪の全体の一部であることには変わりはありません。終始私たちは全体の一部として変化し続けているのです。何がどうあろうと私たちは全体の一部なのであり、本質的には全体そのもの自身なのです。

 全体のほんのわずかなある部分がひっついて固まり、その固まりが自分のことを「私」と思っているにすぎないのです。

私たちは全体そのものが総出で輪廻転生を繰り返しているのです。「私」そのものが個人的に輪廻転生を繰り返しているのではないのです。(この規定で考えてゆくとです。)

 ですから、私たちは常に全体の循環の中で成すべきことを求められます。なぜなら、私たちは全体の一部であり、全体そのものだからです。ごく自然な話しです。その成すべきことは人生という流れの中からくみ取ることができます。人生のながれは全体の循環によって生み出されているからです。

 そいうった、とてつもない大きな視野で、日常生活を見つめると、日頃悩んでいたことが悩むべき事柄ではないことに気づくはずです。

 私たちは壮大な宇宙の生命循環の輪の中にその一員として存在していることを意識してみてください。

それはまさに奇跡です。  

この奇跡をぜひとも楽しんでください。
スポンサーサイト

 - 2015.03.28 Sat

BLMの課題~
現時点で到達している結論は、ほとんどの症状は気lineへのアプローチのみで、解消するということ、ただし血lineにまで侵入した症状に関しては、それだけでは足りない。
血lineへのアプローチは、やはり食や薬や温法が基本になるのだが、その他の施術やストレッチ、或いは瞑想法のような手法でも血line(平たく言えば、内臓に及んだ症状)の症状でも解決できる方法がないか、、、これが今後の課題ですね。
しかも、これはとても大切、さらなる深みの世界へ、、、
**********************************
 BLMでは
 水で受けて、気で防御し、血を守るという考え方を基礎いしています。

 とFace book に昨日載せたら

 今日、もうその課題が解決してしまいました。

今日のFace book の記事です。

BLMの課題~
課題をあげると、すぐに解決してしまった。
今まで、気を下に降ろすことばかり考えてた
そうじゃないんだ、そんなことするから
苦労するんだ
左右両側の気lineを、腹側正中線上に寄せるようなイメージにする
すると正中線上に寄った気lineは
スーッと丹田に落ちてゆく
なーんだ、こんな簡単なことだったんだ。
これで、血を包み込み守ることができる。
答えが出るときは、いつもシンプル
簡単だね(*^^*)
また、一つ深化した。


といった具合です。

気血水人体の地図

まとめると、人体に外部からのなんらかの侵襲があった場合

受けとめるのは背中、水のlineで受けとめます。風邪の初期、ウイルスの攻撃を受けた時、背中がぞくぞくするでしょ!?
誰かに襲われたら、身を丸くして背中を表に向けますね(お腹を出す人はいない)

 水で受け止めるのです。これは水の緩衝作用をよく反映しています。

そして、侵襲からの衝撃を受けとめたら、その余波を防御しないといけませんね。

それが体側を走る気のlineです。魚であっても、犬や猫であっても体側というのは非常に重要で敏感なところです。
外敵とすれ違う時、狭いところをすり抜ける時、魚が水の振動を感じ取る時、体側は重要な働きをします。
気のlineはセンサーでもあります。そしてセンサーは即、防御への反射と繋がります。で、なければ生き残れません。

 気はセンサーであり、防御の働きをしています。(気の使い方を誤るとこれが攻撃に転じてしまいます。)

 血は、人体の内臓を栄養し生命活動のエネルギーを与えます。生命源そのものです。

 血lineは腹側を走っています。魚や四足動物の時はそれでよかったのです。腹側は下を向いているので自然と保護されていることになりますから、、、でも、人間は違います。二足歩行なのでお腹は丸出しです。

 だから体側の気lineを正中線上までに広げてふすまを占めるように両側から気のふすまを引き出してきて中央でぴしゃりと合わせて閉めてしまう必要があるのですね。そうすると血lineは気のふすまでカバーされるので、安心して丹田にエネルギー中心が収まってゆくことになるわけです。

 これで、仙人への道がまた一歩近づきました。( ^^) _U~~
 

BLM (Boi energy Line Method)で見る 線維筋痛症 - 2015.03.10 Tue

線維筋痛症の圧痛点とBLM
圧痛点  気血水人体の地図
肘外側上顆のポイントはBLMでは血line上の肘の付近(BLMでは上肢を内転方向に捩じった状態になるので)になります。

さて、痛みについて触れましたので、線維筋痛症の圧痛点に焦点を当ててみましょう、図は線維筋痛症の圧痛点です。およそ4キロの加圧で部位を押すと激痛が走るトリガーポイントです。
これを見てもらえればわかりますが、これはBLMでは水のlineと血のlineにほぼ属しています。

通常の痛みは気と水のウロボロス状態で発生しますが、難治性の痛みである線維筋痛症になると血にも影響が及んでしまったために、なかなか治らないという判断になります。

経験上、最初に血のlineにアプローチをかけると、痛みは気のline上に移り、痛みが増悪することがあります。

アプローチは必ず気のlineから始めることが肝要だと考えています。
血のlineには温法による温めが重要だと考えます。
気のline、指圧、鍼などの刺激的施術アプローチが有効なことが多く、
水のlineにはストレッチが最も有効と考えられます。

 やはり、この場合も、交感神経や精神との関わりが深い気のlineが重要です。
また気圧の変化にも影響を受けやすい水のlineとの関わりも重要です。

水lineは外環から体を守る最初のバリアであり緩衝材的な役割を担っており、
気lineはその影響が血に及ばないように自律神経系(特に交感神経)を活動させて防御しています。
そして血lineは内臓の活動を司っておりヒトの生命活動の根幹を担っています。

 整理いたしますと

血が生命活動を担っており、それを気がホメオスタシスを保つために均衡をとりながら体内外の環境の変化に対応している。そして水は免疫やホルモンを主る一方で背中全体を担っており、外環境から内環境への様々なストレス入力にに対する緩衝材的な役割を果たしています。(例えば、感冒ウイルスに見舞われると最初に背中がぞくぞくするのは水lineが体を守ろうと緩衝しているからなのです。)

 そんな、BLMの背景を把握した上で、線維筋痛症と言われる一連の症状に対してはまず、気のlineからアプローチを始めるのが大切であると今のところ考えています。

帰脾湯 - 2015.03.01 Sun

帰脾湯~
思い切って、カラーをRGBのみにしてみました。
円から三角になると文字の書けるスペースに余裕ができますね
しかし、漢方をわかりやすくするというのは実に難しい。
深々と降る雪を、体系化するようなものだ。。。
帰脾湯

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。