2014-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気血水による人体地図 - 2014.08.27 Wed

気血水による、Bio energy line で人体の地図ができました。
気血水の三角を立体的に回転させてゆくことで自然なlineが浮かび上がりました。
これぞ、Colorholistic creatorとしての真骨頂です。
一杯やりながら考えると、引っかかりが抜けて、回転がよくなり冴えてきますね~。
気血水による人体の地図
気のBioenergy line
気 BE line
血のBioenergy line
血 BE line
水のBioenergy line
水 BE line
と、こんな感じです。詳細部分は変更は必要になってくると思いますが、気血水の三角を立体的に回転させて
展開してゆく方向性はなかなかよさそうです。(さっきテレビでDNAの塩基配列が回転して繋がってゆくのを見て発想を得たのかもしれません。。。スパイラルは人体の地図を作成する過程でずーっとあるテーマですね。)

第2~3指間から発する、Clear lineの走行は、この三角の回転からははずれてゆくことになると思います。
Clear lineはRGB(血・気・水)の統合(透明色)で要です。これについてはこれから、また考察を重ねます。

 気血水による人体の地図はこんな感じかなと思います。
 3つのElementによる人体の統括はとてもシンプルになります。
 これらをもとに、あらゆる病態の治療へのアプローチも考えることが可能になり、
 とても、わかりやすいセラピーになることと思います。
スポンサーサイト

みずかき診断 - 2014.08.16 Sat

手のline

心包は心と脾をつなぐ体の芯の包絡、胸につかえるストレスがある場合、手のみずかきの芯のところが強張る。(図参照)
胸のつかえが取れると、芯のところは氷解するように、柔らかくなる。
心包とは胸部にその主座を置くが、心包の症状が軽快した場合は、脾(丹田)に終息するようである。
従って、心包は単に心を包むだけの存在ではなく、心と脾(ここでは丹田)を包む存在だと考える。
実際に心包経は、心中に起こり、任脈を下って陰交穴(臍より親指一本下)までゆき、また登って手の中衝に終わり、
三焦経へと繋がっている。

Sanguine については 語意を参照ください。
四体液質の多血質(en.Sanguine)より引用しています。 手の「血」のところは、足、腰、大腸、生殖器(生理など)など下半身に関わる不調で固くこわばります。

指と指の間のいわゆる水かきは、不調があるとその中の筋肉が固くこわばってきます。
また逆に柔らかすぎる時はその部位は虚している状態(虚証)にあると考えます。

俗にこれを水かき診断と呼んでいます。

カラーコンパスとの対比です。↓
手のlinecoreline

手のline矢印

上肢のline 想定図
手のline上肢

今、経絡との関係を検証していますが、sanguine lineはほぼ大腸経に近いようです。core lineは該当する経絡が無く、丁度経絡空白帯を走ることになります。Qui lineは三焦経に近いですが、液門(第4.~5指間の水かきにある)はAqualineの起点です。三焦経は Qui line + Aqua line の合流した経絡と考えられます。三焦の正体は気+水ということになりましょうか!?中々面白い展開になってきました。  また、core lineは手掌側の経絡 心包経 の裏になると考えてよいと思います。core line の正体はまだ釈然としませんが、こころの状態ととても深い関係があるようです。心包と脾を包括したようなものなのか、それとももっと深いレベルのものなのか、気血水の他の第4の Bioenergyの存在が想定されます。
また、このline上に経絡が存在しないことも、裏を返せばとても興味をひかれるところであります。8月19日追記・・・

今調べてみたら、「三焦は気と水の通路である」と解説しているものもありました。やはり間違ってなかったんですね。
これは益々面白い、Qui line+Aqualine が三焦になっているんだ。面白い~~~(^^♪

もう一度整理します。

 

 Sanguine line ≒ 大腸経
  Core line 該当経絡なし、(心包経の裏側になる。) こころの状態と深く関わっているようだ。
  Aqua line + Qui line = 三焦経


こんな感じです。  スッキリ しました。


 たった今、ここで 大変な革命が起こっています。。。  わかるかな!? 大革命ですよ。


これらのline は 題して、Bio energy line ですね。

8月22日⇒Sanguine line は長すぎるので、Root lineと名称変更することにしました。



足裏の地図 上記にしたがって、改訂↓
手のline足底


足のRoot lineは、行間・太衝・中封までが肝経、三陰交から腹哀までが脾経というところでしょうか!?血と大腸と生殖器に関わるところになります。core line は胃経にだいたい沿う流れ、Qui lineは大体胆経に、aqualineは大体膀胱経に沿う流れになりますが、それぞれの起始は、経絡とは異なり、それぞれ上記の指間から始まることになります。(8/24記す)。root lineが胸部に存在するのか、だとすればどこかというのが今のところ不明です。


 Core line は 血気水の統合とも考えられ、色で判断するならばRED・GREEN・BLUEの統合であり
これはZERO Color charge つまり Clear colorとなります。したがって、このlineは Clear lineと呼ぶのが
ふさわしいと思われますので Clear lineと呼ぶことにしました。(8/27)

腎虚になるとなぜ、夕方が不安になるのか~!? - 2014.08.13 Wed

腎虚になると、夕方がとても不安定になり、精神的に揺れ動くようになります。
それはなぜでしょう!?
スライド1
スライド2
腎虚になると図のように、深夜の腎の時間が 浅くなり 疲れているのに 充分に休息ができないという現象が起こります。
体力の充実している時のようなカーブが描けないんですね。
昼間の時間帯は比較的、安定していても、夜が近づくと気持ちが不安定になってくるのは
それを予期してしまうからなのですね。。。

 しかし、腎虚には腎虚の夜があります。
生命は保たれているわけですから、じっくり焦らずに、腎を養生しましょう~ という気持ちで
準備を整えて、早めに休むということを心がけてください。

腎の時間を迎えるまでの、肺の時間はゆったりと過ごしてください。
肺の時間、腎の時間はクールダウンの時間帯、体調の悪い方はこの時間帯には
あまり活動しすぎないようにご注意を。。。

あるディスレクシアの見え方 - 2014.08.12 Tue

あるディスレクシアの見え方(実は私なのですが、、、)
ふつうに紙に書いている字が、実はこんな感じに見えているように、脳が感じています。
それで、昔から 長い文章や、複雑な内容の文章を読むのに大変なストレスを抱えてきました。
ディスレクシアの見え方
このように、フィルターをかけると立体感が弱まり、読みやすくなるのですが
フィルター無しでも、少しは楽に読める方法を思いつきました。

文字と文字の間の白地に、目線を注目させながら、文章を読むのです。
そうすると、漢字の立体感が薄らぎ、文字が素直に脳にインプットされるようになること
に気づきました。

 なんらかの解決方法は どんな問題にもあるものですね!?

 これで、複雑な文章も少しは読みやすくなるかもしれません。。。

 あきらめが肝心ではなく、あきらめないのが肝心なことだと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。