FC2ブログ

2013-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The history of color compass - 2013.05.29 Wed

colorcompassdai.jpg
スライド1

スライド6

スライド15
light aqua anime と カラーコンパス
light aqua 青写真
natural color compass
象形 color compass
スライド2
新カラーコンパス
ミクロコスモスのメカニズム
三原五行説
portal vein color compass
the hueman !
nalcure logo mark


colorcompassdai.jpgこんなのが→nalcure logo markこんなになっちゃった♪
スポンサーサイト

The Hue・man - 2013.05.26 Sun

the hueman

Reform~ ↓

the hueman !

The hue・man body is composed with 3 elements (= R G B ).

déformer~↓
nalcure logo mark

帯津先生の気功体操と心の地図における変化 - 2013.05.26 Sun

帯津先生の気功体操を体験してきました。
参加者の方に心の地図のアンケートに答えていただきましたので
その結果を図で提示致します。
途中参加の方は入れていません。
(私は自分自身を忘れてしまっていました、うっ~~!)帯津先生の気功体操と心の地図
指導者の帯津先生はストロングからブライトへ
指導を始める前の意気込みから指導後のおちついたバランス
状態になられたのがわかります。
他の受講者の方は、皆さん意欲が増す方向にシフト
ブライトという明るくてバランスのとれた位置に集中
いたのが印象的でした。

ストロングになったおふたりは、大阪から朝五時に起床して
こられています。そういった意気込みが反映されているかも
しれません。

時空を超える体験の気功体操とっても有意義でした。

ホリスティックを体感させていただきました。

帯津先生本当にありがとうございました。

自然律の 律 とは - 2013.05.24 Fri

心身をともに捉えることを ホリスティックと言います。

これは私の私見ですがホリスティックの語源の源は
石器時代にうまれた世界最古の宗教、ゾロアスター教が発祥する
土台となった世界観。その中に出てくる言葉が起源になって
いると考えています。

それは、キリスト教も、仏教もリグヴェーダも誕生するよりも
はるか昔のことです。

それは 世界の中心は大きな大きな Hara(ハーラー)
という山を中心に出来上がっており、その山の周りを
太陽が周り、太陽の照らす側はお昼で、影の方は夜という
考え方です。

そして、その一日の巡りをASA(アーサー)と言った
そうです。

そして、その山に雨をもたらす雲Vata(ワーター)が
吹き寄せて、雨をもたらし、その雨水が山を流れ世界を
潤すというお話しなんです。

ここに出てくる、vataはインドにわたり、
アーユルベーダで風や動くものを意味するvata(ヴァーター)
に変わり、ヨーロッパではwater(ウォーター)に
なったのだろうと思っています。

(日本語のはらわた、は実はここに語源があり、
一日の始まりの朝(あさ)もここにあるのではないでしょうか?)

そのおおらかな、大自然の営みの中心が

この Hara(ハーラー)なんです。

ホリスティック(Holistic)という言葉は、
ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」
を語源としていると言われています。

その全体性の意味はもともと
この Hara(ハーラー)なのではないでしょうか?

私はこのような考えのもとに
ホリスティックということを捉えています。
実に壮大でとてつもない大きな流れです。

私の自然律療法に 律 という言葉をつけたのには
そういう宇宙をも含めたダイナミックな営み
を意味するためです。

その大いなる流れがカラーコンパスの中に

全て渦巻いています。そのエネルギーで人は
生きているのです。

そういった視点でもう一度、Natural law cure 自然律療法を
見つめてみてください。

Portal vein & coolor compass - 2013.05.21 Tue

Portal vein & coolor compass
肝門脈 と カラーコンパスの関係です。【解剖編】

portal vein color compass


気のところからも来ています。これは胃からの静脈
(黄緑グループには気と胃が含まれます。)

心のところからも来ています。これは膵臓からの静脈になります。
(黄色グループには心、十二指腸、膵臓、副腎、脂肪組織が含まれます。)

脾からは、脾静脈と空腸、回腸、盲腸、上行、横行結腸からの上腸管膜静脈が流入します。
(オレンジグループは空腸、回腸の小腸と回腸、盲腸、上行、横行結腸が含まれることになりますね。)

血からは下行結腸、直腸上部からの下腸管膜静脈、と上直腸静脈が流入します。
(赤色グループには下行結腸、S状結腸、直腸が含まれます。)

気血水→生命水 - 2013.05.20 Mon

東洋医学に馴染みの無い人のために、入りやすくするため
気血水を→生命水に変換してみました。
生命水
肝が生を生み
脾が命を生み
腎が水を生む

心と肺はそれら三要素を体内に巡らせる働きがある。

やはり、肝を肝臓、脾を脾臓、腎を腎臓と言い切るのは難しい。
肝・心・脾・肺・腎  に交われる言葉が必要だ。

香味色 - 2013.05.13 Mon

香味色
香り成分と味と色と気血水、五臓の関係図。

人体を構成する三原色 - 2013.05.12 Sun

三原五行説

 光の三原色RGBが全ての色を構成するように
   (RGB:Red,Green,Blue)

 人体は三原素 気・血・水で 全てが構成されていると考えます。

 これを中国古来の陰陽五行説と融合し、(五行:木火土金水の五元素)

 カラーで統合したのが、今までず~~~っと述べてきたカラーコンパス。

 それを漢方的雰囲気のネーミングで考えてみたのですが、
 (ドクター達に説明し、頭に残してもらうためにですが)

 三原素で全てが構成されているという理論のもとに成り立っている
 ということで、三原五行説と一応読んでみようかなと思っています。
 (漢方風にね・・・)三元五行説のほうがいいかなぁ?変わらんか?
 あかん、センス無いは・・・・・・・、

 ま、とにかく色と同じように、人体という有機体も三原素で
 構成するという考えのもとに、理論が成り立つということです。

 この原則に立って、Natural law cure の理論再強化を行ってゆきたいと思います。

ミクロコスモスのメカニズム - 2013.05.12 Sun

ミクロコスモスのメカニズム
 栄養が脾から吸収されて

 ひ(エネルギー)になります。

 ひは体の各臓器に供給されその活動を支えます。

 そして、ミクロコスモス(体内宇宙)の三要素である。気・血・水

 肝が気を生み
 脾が血を生み
 腎が水を生みます。

 これらの気・血・水 は 心と肺 によって全身をくまなく巡ります。

 以上が人体内宇宙、ミクロコスモスのメカニズムです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。