FC2ブログ

2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめて「自然律療法研究会のブログ」を読む人のために~! - 2012.09.30 Sun

はじめて、このブログを読む人のために、また、読み返す人のために索引を作りました。
あ~~~~~~~~~~、しんどかったぁ~~~~~~。ご活用ください。
四季体質論:
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-1.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-3.html      
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-4.html
四季体質と色
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-date-200706.html
Natural law food
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-298.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-10.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-11.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-12.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-13.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-14.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-201.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-200.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-19.htmlホメオスタシスレベル6の味が塩になっていますが、現在は平(水の味)にしています。
味付けの極意:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-134.html
ホメオスタシスレベルと食と色(これはまだ試作段階時期のものです。)http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-150.html
ホメオスタシスレベルと六病位http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-33.html
natural law foodのまとめhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-298.html

イヨイヨパワーポイントをブログに掲載する技を覚えて画像特集が始まります。
初期の画像特集http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-62.html
カラーコンパスの出来るまで:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-113.html
カラーコンパス色の説明:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-155.html
color compassと一日の過ごし方 http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-69.html
color compassと四季の過ごし方http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-70.html
カラーコンパスと五元素:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-186.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-183.html
カラーコンパスと自然:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-184.html
カラーコンパス紺色の説明:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-179.html(結構大事です。)
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-182.html
カラーコンパスと色温度http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-295.html
nal cure 色相環http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-97.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-187.html
全ては90分サイクルの繰り返しhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-94.html
color compass と 六病位http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-105.html
舌診:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-104.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-103.html
脈診:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-100.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-101.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-102.html
脈診の覚え方:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-214.html
チャクラとクリニカルチャクラの違い:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-112.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-138.html
経絡とカラーコンパス:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-98.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-111.html
星とカラーコンパス:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-188.html
伝承医療と自然律療法の位置づけhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-114.html
カラーコンパスの四系統:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-193.html
カラーコンパス覚え方:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-192.html
新しいカラーコンパスへhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-190.html
カラーコンパスのまとめhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-217.html
チャクラと気血水とカラーコンパスの関係http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-232.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-235.html
わかりやすくなった、カラーコンパスhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-236.html
カラーコンパスと二十四節季http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-255.html
カラーコンパスと記号http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-273.html
カラーコンパスは時計回りが基本http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-275.html
natural color compass:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-date-201207.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-293.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-291.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-290.html
カラーコンパスの概要http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-299.html
カラーコンパスと歯http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-301.html

なぜ、light&aqua(ひとみ)なのかhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-281.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-286.html


人をハイブリッドカーに例えたら:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-133.html
陰陽五行説の色の謎:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-132.html
陰陽五行説の本当の姿:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-197.html
芯理学:ひらきむすびなるhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-95.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-91.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-90.html

ひとみの法則:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-166.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-180.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-294.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-303.html

ホメオスタシスレベル:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-117.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-144.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-218.html

こころの地図が出来るまで:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-116.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-118.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-126.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-165.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-177.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-174.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-173.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-171.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-194.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-208.html
トーンの図のまとめhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-219.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-220.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-253.html
こころの地図の解説
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-258.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-259.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-260.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-261.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-262.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-date-201206.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-272.html
こころの地図の実例http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-280.html


自然律療法のキモ、水光八色の表http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-252.html


脾とは何か:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-204.html

番外編(マニアックな方、Nalish必見ですヨ自然律療法考案の舞台裏です。)
カラーコンパスの気血水の配置を決定づける模索がここにありました。⇒http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-42.html
こんな試みもしてたんだなぁ。。。懐かしい⇒http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-date-200806.html
五臓と腹診 心包の考察(カラーコンパスを考察する上で結構重要です。)⇒http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-date-200807.html
natural law food の萌芽期の記事http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-48.html
水光八色の発案前の考察http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-47.html
カラーコンパス誕生の予感がここに(この頃はまだパワーポイント掲載の技がありません。)http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-49.html
左と右と上と下、前と後ろの法則http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-51.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-55.html
coron world の 以前の考察http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-56.html
color compass とアーユルヴェーダ、チベット医学、ヒポクラテスの四体液質などとの比較です。
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-73.html
味と感情http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-81.html
アーユルヴェーダと味の考察http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-77.htmlhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-78.html
samsaraの原点http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-82.html
宇宙の考察http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-86.html

現代医学とcolor compasshttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-80.html
体内時計とcolor compasshttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-83.html
パーキンソン病:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-140.html
褥瘡:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-139.html
シェグレーン症候群:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-189.html
経口糖尿病薬とカラーコンパスhttp://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-226.html
*漢方漢方処方(その時、いいな、気になるなと感じた色で漢方処方を選択できるシステムです。)
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-76.html(私は実際にクリニックでこの方法を活用し処方しています。)
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-108.html
color compass と六病位 http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-105.html
インフルエンザと漢方:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-135.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-154.html
痛みと漢方:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-205.html

色で選ぶバッチフラワーレメディ:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-88.html

ホメオパシーは同種療法というのは歴史的な誤解ホメオパシーは対蹠療法です。
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-127.html
ことだまと色彩:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-143.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-176.html

マクロビオティックと色彩:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-149.html

スピリチュアル
エナジータイプとカラーコンパス:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-141.html
photonoid:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-137.html
輪廻転生:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-168.html
ゼロと無限http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-209.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-277.html


質疑応答:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-152.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-151.html


各地セミナー資料集
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-146.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-156.html
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-243.html
世界の伝承医学と色彩:http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-195.html

カラーボトルセラピーの系譜http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-284.html
スポンサーサイト

目指せ、ホメオスタシスレベル ゼロ - 2012.09.29 Sat

ebonyからsamadhiへ、心身ともにsamadhiに至り、超えることができれば
病気をしない心身ともに平穏で幸せな状態、ホメオスタシスレベル ゼロに
至ることができます。
Light compass←clickで拡大、眺めてみてください。
 私は過去に一週間だけですが、その状態を体験したことがあります。
今、そこに至るためのプロセスを得ようと私にとっての新たな取り組み
をはじめることにしました。
 まずは山本篤先生のご紹介でキュブラーロスのワークショプに
参加してきます。この10月6日~8日、六甲山

 自然律療法は人体の地図が完成するとほぼ視覚的なアプローチは
完了です。(ハーブなども予定はありますが、、、ハーブは
実は自然律療法をはじめる前に随分と取り組んでいました。。。)

 それで、本格的に意識へのアプローチに取り掛かりたいと思います。
やっとこさ、そんなところまできました。

 色を知り、空を悟る⇒色即悟空ですね。

人体の地図完成??? - 2012.09.22 Sat

人体の地図、、、、、もうここまで来るとよくわかりません。
これでいいのか悪いのか、とりあえず、こんな感じで実際に
検証に入ってみます。
スライド1←click!
スライド2←click!
スライド1
人体の地図 手訂正スライド3
手のひらはカラーコンパスに沿った反射区、手背及び手首は経絡が基本
薬指は背側が三焦、腹側が黄緑で胃・気が関係、三焦と気が薬指を通っている
ことに、薬指の重要性がわかりますね。胃が痛い時、薬指と中指の間の
水かきをもむと効果があります。
上右の図は指先を正面から見た時の図、指の背側と腹側の関係を見ると
色相環に沿って配列されているのがわかると思います。
(三焦は全ての色を含んでいることになります。)

 中指の腹側は経絡では心包経になります、心包経は「霊枢」で
「胸中より起こり、心包絡に属す」とあるそうです。たの経絡は
その起こりはもっとハッキリとした場所から起こりますが心包経
だけは胸中と曖昧です。しかも腎経から心包経は続くようになっていますが
腎経の終わり兪府は鎖骨が胸骨に付着する付近で随分と胸中から
離れています。このブログの初期の記事でも心包については考察をしましたが
心包という概念は随分と曖昧な部分があると思っています。

そこで、この上の手の図ではカラーコンパスの流れに従い
中指の腹側を緑色の肝に関係する色にしました。ちなみに肝経は
心包と同じ、厥陰の経絡です。
(厥陰の経絡は手では心包足では肝の経絡になります。)

 腹診では心が心窩部になり肺は右側腹部になります。
これに心包を当てはめるとすればその間つまり右胸脇部になり
これは肝臓の下あたりになります。

 喘息患者さんや慢性呼吸不全の患者さんが呼吸困難に陥った時
腹診をすると決まって、この右胸脇部(心窩部と右側腹部の間)の
腹筋が固くなります。やはり心臓と肺を繋ぐこの部分に異常所見が
でるのです。

 こういったことから、心包と肝との関わりは深いものではないかと
思います。肝は漢方では体の監督係に例えられます。心包は心肺循環の
監督係、つまり上半身の「肝」と言ってもいいのかもしれません。


人体の地図 上肢の詳細が出来ましたので追加します。
人体の地図 上肢←click
注意:図の水色のラインエリアのところ、将来的に紺色のラインも追加することに
なるかもしれません。ご了承ください。

経絡では三焦経と大腸経の間に空白地帯があります。そこのところが
図のオレンジのラインエリアです。ここが小腸のラインになります。
(通常の経絡で言う小腸経は自然律療法では十二指腸と膵臓と心臓で黄色のラインになります。
そして通常の経絡で言う脾経は自然律療法では小腸と脾臓でオレンジのラインになります。)



また経絡では肺経と心包経の間には空白のラインエリアがあります。
ここのエリアは自然律療法では水色のラインエリアで「水」になります
気血水の『水』です。水の経絡と思ってもらってもいいと思います。
黄緑のラインは気の経絡であり、胃に関係する経絡でもあります。
赤のラインは血の経絡でもあり、大腸経でもあります。
このように従来の経絡では空白地帯になっていた部分を自然律療法では補い
独自のラインを形成しています。


 *手首のところが紺色になっていますが、首、手首、足首は全て紺色で
腎にあたります。腎虚の人はこれらの首が細く、骨も細いです。逆に
先天的に体力の充実している人、腎実の人はこれらの首が太く、骨太です。
首は腎の力を象徴しているのです。


**************************************

次に、人体の地図、下肢について考察していますが、肝経についてある疑念が湧きました。
肝経に大腸経の疑念あり。←click
その疑念は
肝経は実は大腸経であり、「血」の経絡である。ということです。

 肝経は足の内側を登り、鼠径部を通過し
S状に蛇行しながら生殖器を巡り、下腹部
を経て、上腹部の脇へ登ってゆく。

肝経の井穴である大敦には調血(血を整える
)や経絡を通す働きがあり、子宮の不正出血、
人事不省、ヘルニアなどを主治するとあります。

この場合のヘルニアはどう見ても、大腸のヘルニア
脱腸です。つまり鼠径ヘルニア、鼠径部は腹圧などが
原因で脱腸を起こしやすいのです。
そして脱腸は時に陰嚢部に嵌頓することもあります。

ここまで読んでもらうともうおわかりだと思いますが
この肝経の経路を見てみると、どうしても大腸に
まつわるものに見えて仕方ありません。
肝経でヘルニアに効くという事自体が不自然です。
おかしいと思いませんか?

肝経は実は大腸経であり、血に関係の深い経絡
であると考えるのが正しい解釈ではないでしょうか?

下痢をした時、内股を温めると下痢の症状が楽になります。
大腿内側を通る、大腿動脈、静脈、そして神経が温められる
からでしょう。この内股のケアは大腸に優しいのです。
そして、瘀血の改善にもなります。

では肝経はどこに行くのか?
私は胆経と同じでいいと思うのです。胆経と肝経は同じ経路を
通るわけです。なんの不都合も無いと思います。
肝経が内股を通り、ヘルニアに効くという方が不都合だと思います。
そうは思いませんか?

*********************************

こころの 素粒子 - 2012.09.10 Mon

 心を形成する素粒子の名前をcoron と名付けることにしました。
何にも捕らわれず、コロコロところがり軽やかで親しみ易い響き
色々考えたけれど、最終的にこれがいいと思いました。
なんといっても愛着が湧きそうです。

それで、これからcoronの定義付けをします。

coronの性質は時空を超えて同時にどこにでも存在出来る素粒子、
無機物や有機物を通り抜けるが生命体に入ると重力が発生し、
ある一定の時間そこにとどまることになる。

その時間は生命体のこころの状態、体の状態によって変化する。
coronはある条件が整うと発光するそれがcorona光環でありオーラである。

coronは脳でそのエネルギーが増幅される。
そのエネルギーにより宇宙を構成する背景zero point field は維持されている。
つまり、zero point field (空の海)は心を構成する素粒子coronの集団的なうねりであり、
全ての意識の集合体の海である。 

 つまり、この世の全ては突き詰めればcoronで出来ていることになります。

 『 だから、思いは実現する』  

こういう定義でどうでしょう。


それから、
coronの発光は通常は目に見えません。(正確には発光ではないのかもしれませんが
そのように例えるとその状態が想像しやすいので、そう表現します。)
体中をめぐるcoronの条件が整い発光するとその人は特別な状態を体験することになります。
それは体中の細胞全てが温かで至幸の状態を体験できるものです。
これにより生命は全ての救いを得ることが出来ます。
(どうしても拭い去れないとんでもない体験、苦痛、
 様々な患者さんたちに出会って来ました。
 この全ての救いを得るということは本当に大事なことなんです。)

この状態、coronとの共鳴状態に居るとどうなるか。。。

まず、
 全く病気をする気がしません。
 死が全く怖くありません。
 なんでも出来る気がします。
 全ての執着が無くなります。
 何でも、OK,OK,OKと全てに寛容になれます。
 全ての人に温かな愛を届ける余裕が生まれます。
 といった現象が生まれます。
 
こういう至幸の状態を体験した人たちが居ます。
実は私もそのうちの一人です。
(私の場合それは一週間つづいて終わりました。
 一生続いて欲しかったです。 本当に。。。) 

それはアスリート達が究極の集中状態で体験する
zone体験と似ているのかもしれません。

 私自身はその体験は一度きりです。
でも、それは人生という試験問題の答えを先に見せてもらったような気がしています。
自然律療法の追求している先にはその至幸の状態へ至るためのプロセス
体験するためのプロセスを得ることにあります。一度でも体験すると
人生の航路を誤らずにすみます。正しい答えを知っているからです。

究極の素粒子 coron これから 度々登場することになるかもしれません。
みなさん覚えておいてください。

ひとみの法則 - 2012.09.09 Sun

ひとみの法則
ひ、と みの対比を表で示しました。
ひとみの法則←click
左と右の法則もここに含まれます。
ひは光で日でこころを象徴しその勢いは左に現れ「陽」の影響が大きい、
みは水で海で身体(み)を象徴しその負荷は右に現れ「陰」の影響が大きい。
この法則を応用してキュアボトルではカウンセリングを行います。

 - 2012.09.07 Fri

ひらがなは、あ行からはじまりわ行におわりますね。

あ=天、あめは天(あ)のめぐみ
わ=地で、あわ=天地になるとのこと(KOTODAMARTより)
そしてこう述べられています。

アが天、ワは地であり、いっさいのものの地を離れて生ずるものはなく、
地は万物の形をつかさどるといいながら、
じつは天も◯(=わ)であるとも書かれています。

 天もわということは一切のものは「わ」だということになります。

「わ」は和であり、輪であり環であり立体においては球になります。
それは、非の打ち所のない完璧な究極の状態ですね。わには始まりも
終わりもありません。永遠の循環それはつまり無限です。

 あ(天)が宇宙を作り始めたのは完璧なわ(無限)を目指したから。。。
あ行にはじまりわ行に終わるにはその姿を現している???
そして、私達はその途上つまりあわ路に居るわけです。

 人生において目指すべきは「空(くう)」ではなく「わ」なのだと
思います。

 日本は和の国、最も身近なところに答えがありましたね。

カラーコンパスと歯 - 2012.09.02 Sun

 歯科は専門外なので、詳しくはわかりませんが
腎虚の人は前歯が弱い、心筋梗塞などで奥から2~3番めの奥歯が
痛むことがある。その他陰陽五行説と歯の関係の諸説を参考にして
カラーコンパスと歯の関係を色分けで示しました。
カラーコンパスと歯
こんな感じ、一番奥の紫のところは親知らずですね。
これで確定ではありませんが、こんな感じかなぁと想定しながら
患者さんを観察してみます。

プルキンエ効果 - 2012.09.02 Sun

プルキンエ効果 【Purkinje effect】

明るいところでは同じ明るさにみえる赤色と青色を,
薄暗いところで観察すると赤色のほうが暗く,青色のほうが明るくみえる現象.
プルキンエ現象*,プルキンエ偏倚*とも呼ばれる.
これはヒトの眼の視細胞が,明順応(明るいところになれた状態)時と
暗順応(暗いところになれた状態)時では感度極大にずれがあるために生じる.
最高視感度領域は,
明順応時には赤・黄領域にあるが,
暗順応すると緑・青のほうへと移動する.


ということです。

プルキニェ現象(プルキンエ効果と同じ)

プルキニェ現象(Purkinje Phenomenon、Purkinje effect、
プルキニエ現象、プルキンエ現象とも言う)は19世紀のチェコの
生理学者ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェが解明したことから名付けられた、
視感度がずれる現象である。

色は網膜の視細胞で感知しているが

◯明るい場所では赤が鮮やかに遠くまで見え、
 青は黒ずんで見える。
●暗い場所では青が鮮やかに遠くまで見えるのに対して、
 赤は黒ずんで見える。
これは、桿体と呼ばれる視細胞の働きによるもので、
人の目は暗くなるほど青い色に敏感になる。
防犯のために活用する動きも見られる。
奈良県警はイギリスのグラスゴーの防犯対策に倣い
(ただし、グラスゴーでは当初景観改善のために導入された)、
奈良市で青色街路灯を導入し一定の効果をあげたため、
奈良市以外でも天理市、生駒市など県北部の都市を中心に導入を進めている。
現在は兵庫県においても多数採用されている。



とのことです。

 ちょっと、この現象を頭に入れて、また色々と考察してゆきます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。