FC2ブログ

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Natural color compass 自律神経系 - 2012.07.31 Tue

natural color compass 自律神経系←click
図の月の下の波打ち際、カラーコンパスでは紫にあたります。
紫の上の赤(=血)と下の青との混合色、つまり人体では
動脈血と静脈血の混合色ななります。

 上の図の波打ち際は空気と液体の境界、打ち寄せる波と
ひいてゆく波の狭間、気体は液体に取り込まれ、溶けこんで
ゆきます。これは肺胞での血液と酸素
二酸化炭素の交換の場、にあたります。
まさに血液が青から赤に変わる瞬間がここにあります。
この肺胞壁こそが生体における液体と気体の波打ち際なんですね。

 そして、この肺胞がブドウの房のように連なってを形成していますが
この肺は行なっていることは「いき」です。息(いき)という漢字は白川静の辞書によると
自という字は鼻を正面から見た状態を象形化したもの、そしてその鼻のしたからでる「いきずかい」
によって心が読み取れるので「息」という文字になったという説明を加えています。
 息(いき)はこころの状態をとてもよく反映します。息を見ることは精神状態を
見ることになると言ってもいいでしょう。肺と連動する心臓もその心拍数で緊張状態
などある程度の心理状況はわかりますが、息ほど多彩な心理状況を反映することは
できません。このことから、最も肺は息によって精神状態と関わりが深いので
カラーコンパスにおけるこの位置(紫)は精神の座つまり、大脳とも関連する
場所になっています。(クリニカルチャクラでは紫の位置は頭部になります。)

そしてその象徴としての月ですが、月はどちらかと言えば心を穏やかに鎮静化する
働きがあります。つまり、カラーコンパスにおける紫の働きは鎮静化を主とする
副交感神経系の働きを代表することになります。



 一方、

 反対側の色、カラーコンパスで黄緑のところ、この図では気のところ
こちらは打って変わって、交感神経系の働きが主になります。
緑から湧き上がった気が集まって雲となり、ドンドン気を溜めてゆきます。
この緑から湧き上がる気の元で最も力のあるのが新緑の萌黄色、つまり
黄緑です。湧き上がる雲の色はグレイッシュなブルー系全体の印象としては
白色になりますが、気を象徴する色は、その気を作るエネルギーのもととなる黄緑です。

 そして、気を溜めてドンドン大きくなった雲はやがて雷や雨を降らします。
それらは地に落ちて溜りますがその溜まる場所はこの絵の池、人体では胃になります。
(カラーコンパスでは黄緑が示すものは気と胃ですね。)
胃は水穀の気つまり食べ物の気を取り込み溜める場所でありますが、肝臓で造られた
エネルギーの気が溢れると(肝気亢進=イライラ)その気もこの胃に溜ります。
(それが高じると胃を傷めることになりますね。)交感神経系が亢進状態にあり
ストレスが溜まるとこの気と胃と肝臓の関係は増悪の一途をたどります。
注意が必要ですね。

 胃には いきをするもの=いきもの が取り込まれ、溜められます。
いきものは動物性や植物性の食品です。これを消化吸収しやすい状態に調理して
食べるわけです。

 そして、肺では いき が出入りします。胃によって取り込まれ体内に蓄えられた
「いき」を肺で息をすることにより、体内の いき の量を調節しているのです。
それがいきを整える「調息」です。

 このようにして、気は交感神経系、肺は副交感神経系を主に司り人体はバランスを
取ろうとしています。自律を保つのですね。

 カラーコンパスの黄緑と紫の関係が自律神経系である理由がこれで
ある程度納得いただけたかな?と思います。↓
カラーコンパスと4系統





スポンサーサイト

Natural color compass その2 - 2012.07.30 Mon

natural color compass気血水

 東洋医学では肺は水分代謝と関わりが深いと説かれています。
肺とくると、呼吸だけじゃないの?と思っちゃいますよね。
でも、実際には呼気中には一日にだいたい350mlの水分が失われると
言われています。
 そして、東洋医学では皮膚は肺とのつながりが深く考えられており
皮膚からは一日に600mlの水分が不感蒸散として失われると言われています。

 この皮膚と肺の水分喪失量をあわせると、950mlつまり1L近くになります。

ちなみに、尿は一日に1500mlぐらいですから、皮膚と肺をあわせると、
体内の水分維持にかなり重要なウエイトを占めていると言えますね。

カラーコンパスでは水色の部分(水)は人体の胸部にあてていますが
胸部にはこの肺が存在し、そしてその肺とペアで肺循環を行なっている
心臓は体内の循環を担っており、水の巡行にとても重大な影響を与えます。
(心不全では体が浮腫みますね。)それで、胸部は水に関連する水色だと
いう理由付けになります。

Natural color compass - 2012.07.27 Fri

natural color compass
natural color compass←click !

natural color compass +五臓・気血水
natural color compass気血水←click
 ひは人体では食物から得られた栄養、腸管粘膜を経て門脈を通り
肝臓へ送られる。(この絵では門脈は木の根っこと幹と枝、マグマが
地となり、水の力と合わさって木の根っこから吸収される。)
そして肝臓で合成、代謝が行われ人体内で使える栄養成分に変換される。
(絵では緑の部分が肝臓、緑の実は胆嚢)そして心臓へ送られ、栄養は
全身を巡ることになる。

 肝臓で合成されたエネルギーは気となって上昇、心臓によって血液とともに
全身を巡る。(絵では気は雲)イライラが重なると怒りやすくなり、雷を落とす。
それでも収まらなければ今度は涙の雨となる。この気の影響を受ける場所は
人体では「胃」になる。だからイライラ怒ると胃が痛む。

 血液は送られてきた栄養分をもとにミネラバンクでもある骨の骨髄で造られる。
(絵では骨及び骨髄は海に属する。)赤血球と血小板は「血」に属する。(絵では
溶岩の塊、地に落ちて冷えて地になるところ)
 リンパ球などの免疫に関わる白血球は「水」に属する、「水」にはその他に水と
ミネラルを含む。

 月のある波打ち際は「肺」に属する、呼吸は波のリズムで出来ている。
そして、その波のリズムに影響を与える月は「肺のこころ」精神的な象徴となる。

太陽は全体を明るく照らし活性化する光のエネルギー源、人体の循環を司る心臓の象徴となる。



 「ひ」についての説明を追加します。
ここで述べる「ひ」は絵の火山から噴出している方の「ひ」です。
(地球の真ん中にある「ひ」ではありません。)
ここでの「ひ」は栄養を吸収するための粘膜、及び脾臓を指します。
(今まで、現代医学での脾臓のことは置き去りにしていましたが、
  再考した結果、やはりここに配置することにしました。)

 まず、粘膜おもに小腸粘膜が主役になりますが、外界と体内との境界である
粘膜は全てこの外側の「ひ」になります。ここは栄養の吸収とともに
外界からの侵入物に対する監視がとても大切な場所になります。
そのためこの消化管など粘膜には骨髄からBリンパ球が移動し
抗原に対する反応に備えています。外的の侵入を防ぐ重要な免疫機構がここにあるわけです。

 そして、もう一つの「ひ」脾臓ですがこの脾臓は赤色脾髄と白色脾髄にわかれます。→wikipedia参照
赤色脾髄では古くなった赤血球を壊す、壊された赤血球中にある鉄分は、
新しい赤血球を作るための材料として再利用します。また、血小板の貯蔵も行います。
血小板は怪我などで出血した時に出血を止めるために働きます。
また胎生期にはこの脾臓や肝臓で赤血球も作っています。
出生後この機能は失われ、骨髄に造血能は移行しますが、大量の出血や
骨髄機能が抑制された時には脾臓で再び造血されることがあります。(髄外造血)
ですから、この絵で「ひ」の次に「血」が続いているのは意味深いことなのです。

白色脾髄では、骨髄から移動したBリンパ球がここで成熟します。
また、血液を流れる単球を超える大量の単球が貯蔵されており心臓発作や大怪我など
の際にはその大量の単球を血液内に放出して体を守ろうとします。
リンパ球、単球については→wikipedia参照
単球は組織中に移行するとマクロファージとなって細菌など異物を捕食する。


 以上をまとめると、外側にある「ひ」は
栄養吸収・免疫機能・古い血の処理機能・時に造血機能を備えていることになります。

なので、水のところのTリンパ球(胸腺)の働きと合わせると
水色とオレンジ色の補色ラインは免疫系にとても大事なラインということになります。
下の図の左上
カラーコンパスと4系統←click



それから、もう一点補足ですが、絵では木の根っこの下から
湧き水が出て滝となって下の海へ流れ込んでいますが、これは
人体では腎臓の中にある尿細管からの再吸収を意味します。
糸球体でろ過された尿はそのまま膀胱へ排泄されるのではなく
尿細管でミネラルなどと一緒に水分も必要な分だけ再吸収されています。
このことによって人体内の水分とミネラルなどを適切な量に保っている
わけです。(突然、肝臓を示す木の下に腎臓の尿細管が出現して
戸惑われる方もあるかと思います。腎臓は基本的には紺色の海のところです。
しかし、腎の濾過作用の後の尿細管での再吸収機能だけは便宜上、ここに
位置させています。ご了承ください。)

ひ から 水 が生まれる。 - 2012.07.23 Mon

言霊で火の中に水があり、水の中に火があるとKOTODAMARTに解説されています。
天から降った火は、地に横たわり、土となります。
「水は昇り、火は降る」とも解説されています。
それは地球誕生まで遡れば理解できます。
light aqua ひから水の誕生←クリック
 まず、宇宙誕生の時、ビッグバーン この時、光ではじまります。
この時点ではまだ光は自由に動けず全宇宙がプラズマ状態に光の
海だったとのことです。
 そして、宇宙の温度が下がると粒子同志がひっつきあい物質が生まれます。
(この時、ひっ付け合う縁結びをするのがこの前発見されたヒッグス粒子ですね。)
そして水素が生まれ、水素がドンドン集まって重力がまし、核融合でヘリウムが生まれ
そして温度の下がった惑星で酸素や炭素などが生まれ、微小惑星同志が衝突を繰り返し
新たな星を形成してゆきます。

 その宇宙の中の太陽系で太陽を中心として微小惑星が周回しているうちに
ぶつかり合って、いろんな惑星が誕生、そのうちの一つが地球になるわけです。

 微小惑星同志がぶつかり合ったため、初期は惑星は高温でマグマ状態です。
そしてその中では様々な化学反応が行われます。そんな中で水素と酸素がひっついて
水がマグマの中に形成されていったと言われています。

 そしてマグマの温度が下がり始めるとマグマから水蒸気が放出され雲を形成
そしてそれが大量の雨となって海を作っていた。太陽系の中で、地球だけが
液体の状態で水を保持できたのは水を保持するのに必要な重力を持つ地球の質量と
水が蒸発せずにすんだ太陽からの適度な距離にあるそうです。


 そのおかげで、地球には水があり、太陽からの溢れる光(適度な光)によって
生命が誕生することが可能になったわけです。



 ここで、カラーコンパスの中心にある light & aqua に話しを戻します。
先に述べましたように、最初にとてつもない光があったわけです。その光は
温度を下げながら、火となり、温度を下げながら地を形成し、水を生み出した。
そして、そこに海が生まれ、そこに太陽からのひ(日)が届き、生命が生まれ
月のひ(光)により生命のリズムが刻まれ、今ここに私達があるわけです。

 これで、人体生命と自然とを融合させたカラーコンパスの中央に
Light と Aqua が存在する意味がよ~~~く理解していただけたと
思います。


 それにしても、日本語の言霊は偉大だと思います。
単に、「ひ」と言っても、様々な「ひ」があります。形として捉えた場合
そこには区別が生じてきますが(光、日、陽、火、炎、脾など)
それらの意味を包括して「ひ」と一言で言えることは本当に奥深く
重みのある言葉だと改めて思います。

カラーコンパスの青写真 - 2012.07.21 Sat

light aqua aosyasinn←クリック

カラーボトルセラピーの系譜 - 2012.07.19 Thu

ちょっとだけ調べてみたのですが、カラーセンセーションは1995年カナダのカラーセラ
ピストステファニー・ファレルによって設立され10本の中から、2本ずつ三回選び
過去・現在・未来を表すとしているんですね?

 それで、カラーボトルセラピーの元祖オーラソーマは1本目が「魂のボトル」
2本目が「チャレンジ&ギフト」のボトル、3本目が「今、ここのボトル」
4本目は「未来のボトル」となっていますね。
オーラソーマは上下二層になっているので、結局単相のボトルを2本選んだのと
同じことに、

 カラーセンセーションはそれを簡素化したっていう感じなのでしょうきっと
他のカラーボトルセラピーはどんな感じなのかよくわかりませんが、
きっと、これらの応用、及び発展系なんでしょうね。

そこで、ネットを徘徊しているとキャメスさんのカラーセラピーランドさんのホームページ
に出くわしました。ここにカラーボトルの色々が紹介されていますので
その要約と私の感想を添えて記したいと思います。

 オーラライトカラーセラピーはオーラソーマの派生系、
(1991年、トニーとマリオンはオーラライトのカラーセラピーシステムを確立)
12本のボトルに集約し、4本選ぶのはオーラソマと同じ、二層にわかれた上層が顕在意識
下層が潜在意識とハッキリ説明しているところが好ましい。
また、各カラーの説明が無理が無く自然でこれも好ましい。丸くて握りやす
そうなボトルもいいですね。なんとなく、個人的にはこれいいかもです。
また、ここではボトルを左手で選ぶことが推奨されていますね。
左手で選ぶ=右脳が選ぶ、つまり感覚が選ぶことになる。
(オーラソマでは左手で受けて右手で与えるとなっていますね。)
1本目が本質、2本目が過去、3本目が現在、4本目が未来
になっています。本質ボトルという呼び名はここから来たのですね。
そしてミッシングカラー選ばなかった色の意味をさぐるというのも
特徴のようですね。嫌な色、避けている色が意味するものは大きい
と思います。最後に選ぶヒーリングカラーというのもいいですね。
 
オーラライトは論理的でありわかりやすそう、とても好感が持てますね。

アヴァターラこれもオーラソマの派生系ィッキー・ウォールの姪にあたる
マリオン・ザックとパッツィーが1996年に設立「アヴァターラ(AVATARA)」
とは「古代の知恵」という意味だそうです。ボトルの形状は細長く52本
から選ぶそう。ボトルを選ぶ本数は1~8本と自由、基本色が17色と
多いのが特徴。アヴァターラでは選ぶボトルに過去現在未来のべつはなく
今、現在のみを見ようとしているのが特徴、これはまた面白いですね。
一番大切なのは「今」この考えにも共感を覚えます。

ちょっと、カラーボトルの系譜調べ面白くなってきました。



キャメスは12本のボトル、2本の堀木れい子さんが編み出された手法
しずく型のボトルでつかみやすいですね。

生年月日を定義(アルゴリズム)で分類することで、それぞれの個性を把握
することができます。 本来の分類は、大きく分けて3分類。 さらに12分類、
60分類とグループ分けされ、さらにレールと、人の個性を細分化し、
最終的には、100万通り以上の分類になります。
というISD個性心理学を取り入れている。自分の生まれ持った色である「ピュアカラー」や、
今年の自分の『リズム』を示す「リズムカラーが表れます。


とちょっと、生年月日というのは太陽=年、月=月、地球=日で
個性を大きく『MOON』『EARTH』『SUN』の3つに分類しているのが
面白い。そしてそれぞれのグループが4種類の動物のキャラクターに分けられている
これはもう、動物占いですね。しかし、いかにも現代日本人にマッチした手法
だと思います。そして人生のリズムを発芽期、成長期、開花期、収穫期、開墾期
と分けている。自然律療法としてもとても参考になる分類です。しかし、
カラーボトルセラピーとしては習得する側にはハードルが高そうな気がします。
(私的にはとてもおもしろい参考になる部分満載のような気がします。)

イリスも日本で竹内洋子さんが開発されたカラーボトル、ウェイブ状のボトルのなかに
天然石が入っている。湘南生まれ湘南育ちの彼女の海への想いがうかがえるデザイン
海大好きの私としてはとてもしっくりくる形状、波間に揺れる砂のような天然石
が楽しげだ。
イリスは10色、それと対応する天然石が入っている。10本の天然石入りカラ
ーボトルから3本のボトルを選びます。そして、天然石の意味や歴史もふまえて、
心の状態を読み解いていくとのこと、さらにイリスでは、選ばれなかった色
「ミッシングカラー」の考え方もあります。と、
システムの詳細はわからないが、波のリズムを感じることのできる
湘南らしいおしゃれなカラーボトルは魅力的だ。

センセーション・トリコロールはセンセーションの発展系
3層に色が分かれ、上から意識・潜在意識・深層心理になるとのこと
木火土金水の五行思想も取り入れているとのことです。

以上、カラーセラピーランドさんのおかげで、カラーボトルの系譜を見る事ができました。

で、このホームページには無かったのですが

和み彩香は いずみのりこさんが 編み出されたカラーボトル
色は12色で、浅葱、瑠璃、などと和名の色が付けれれているのが特徴
基本はセンセーションと同じで、ボトルの選び方は左手で選ぶ、オーラライト
の手法が採用されている。ミッシングボトルの中から、現在と未来を繋ぐ
ボトルとして1本選ぶこと(みのり彩香)、はオリジナルか?
最後に選ぶ
癒し彩香はオーラライトのヒーリングカラーの手法を採用しているようだ。


Tcカラーセラピーは中田哉子さんがインテリア会社と共同開発
TCカラーセラピーは14本のボトルを使用、
3本リーディング(自己認識のワーク)ではクリア、ダークをのぞいた12本を使います。
1次色(指定の3色)から1本選ぶ(内側のエネルギー)
2次色(指定の4色)から1本選んぶ(外界とのかかわり)
3次色(指定の6色)から1本を選んぶ(パーソナリティー)

4本リーディングは14本すべてを使い、4本選び。
1,2本目は過去、2,3本目は現在、3,4本目は未来。

となっています。選ぶ色をある程度しぼってから選ぶというのは目的を
絞ることができるので、選ぶ側、セラピスト側にも分かりやすそう
内側のエネルギー、外界とのかかわりという考え方は独自性があり
おもしろい、好感が持てる、私の色彩に関する考察に柔軟性を
与えてくれた。

しかし、マニュアル化しすぎるのは
わかりやすい反面、柔軟性が無くなるので、これからの課題かも
(偉そうにすみません、批評するって簡単ですからね・・・、)
4本リーディングは従来のボトルセラピーの派生系。


頭の中が整理できてちょっと、すっきりした気がします。

で、思うことはオーラライトセラピーが古株にしてはバランスが取れて
シンプルでよさそうだということが以外でした。


 いかがですか?
結構、面白いですね。これ読みなおして私も反芻します。

また、各、カラーボトルセラピーに詳しい方で、この記事に
追加点などございましたら、ご教示ください。


 日本カラーホリスティック協会の仕事の一つとしても
こういう作業は大切だと思います。

いきる 目的は? - 2012.07.16 Mon

 いきる とは いときの交合と書きました。

では いきる 目的は なんでしょうか?

 80代の高齢者の方々と毎日のように接しさせてもらっていると
いきる目的、目標ってこの人達にとっていったい何なんだろう?
そういう疑問が湧いてきます。

 「80代以降は何年生きるかは、本人次第です。」
私は、よくお年寄りに、あと何年生きられるか尋ねられたとき
そう答えます。

 それは何か取り組むものがあって、意欲を維持できる人は
どんどん元気になって、老人の達人になってゆくし、
何もすることがない、は~しんどい、とため息ばかりついている
ご老人は、ウツになったり、痴呆症になったり、そうではなくても
どんどん生気がなくなり、憔悴して寝たきりになってしまいます。
つまり、ご本人のこころ次第で、80歳以降の余命は決まるんだなぁ

 というのが、私の開業医としての感想なのです。


 人には欲がありますよね。こればかりは否定できません。
欲が過ぎれば、燃え尽きるし、欲が無ければ生気が無くなる。
大切なのは欲の向かう方向だと思うんですね。

 もうすぐロンドン五輪がありますが、
アスリート達は金メダル目指して、世界記録を破ることを目指してがんばります。
先ほど、ミラクルボディーというNHKの番組がありましたが、マラソンの世界記録も
2時間の壁を破ることも夢では無くなってきたとようです。
いったい、この記録はどこまでゆくのでしょう?

 そんなの無理だぁ、と限界を頭でわかっていても、それでも
それを超えたいという人の欲、それが不可能と思われてきた壁を
実際に突き破ってゆきます。

 誰もが無理だと思ってきたことを、人類の歴史は次々と塗り替えてきて
いるのです。

 それは、科学の世界でも、工業の世界でも、ビジネスの世界でも
そして医療の世界でも、同じことです。

 「無理だとわかっていても、挑戦せずにはおれない。」
 これはつまり、際限のない挑戦=無限への挑戦なのです。

これは紛れも無い、ホモサピエンスの性です。

 どうせ、人生いつかは終わる。その事実があるにも関わらず。
人類は無限への挑戦を繰り返し繰り返し、続けています。

 なぜ、そんな無謀なことを、無理だとわかっているのに
続けるのでしょう?

 私は無限への挑戦これこそが、
人のいきる目的なのではないのかなと思うんですね。

  

どんな生活の中にもそれはあります。

 もっと楽をしたい。もっと美味しいものを食べたい。

 もっといい暮らしがしたい。もっと、もっと、

 それって、無限への挑戦ですよね。だって、際限が無いですもん。

(ハッ、女性が元気で長生きな理由が今、ハッキリわかりました!?)

しかし、ついつい勘違いしてしまうんですね。

 無限を追い求めてるはずなのに、方向性を見誤って炎の海へ突き進んでしまって
いる人があまりにも多い、(そこで大やけどを負った人が、私のクリニックへ
たくさん来られんですヨ~。)

 イメージとして、光のさす方向へ無限を追い求めて行けば
間違いはないんじゃないかなと思います。

 陽射し(光)の方向へ無限を目指して伸びる。

それが いきる 目的だと思います。





 じゃあ、なぜ無限を目指すのか?

 その答えは空(くう)に書きましたね。

 こころの海である。空(くう)を維持するため、
それはつまりこころが具現化した私達のsamsaraを維持することに
も繋がるからのです。それを本能的に知っているから
私達は無限を目指しているのです。

 この世が苦しいのは、この世の本態が苦だからではありません。

無から始まった有の世界を無限へ導くのが、と~~~~~~~~っても
大変だから苦しいのです。本当、実はみなさん大変な取り組みをしているんですよ、きっと。

 この世の本態は無限へ続く道だと思います。

だって、みなさん日々実践しているじゃないですか!?
飽くなき、際限のない欲を満たすための活動(生活)を
それって、本当は無限へ続く道だったんだと思いますよ、
本当は・・・・、戻りませんか?無限へ続く道へ
いつでも修正は可能だと思いますよ。

いきる とは - 2012.07.12 Thu

 いきる の お話しの前に いき のお話しをしたいと思います。

 いき(息)はいつから始まったのでしょう!?

 そう、海中の生物が陸上へ上がった時、その瞬間から いき は始まったのですね。
太古の時代、地殻変動などで、潮位が激変し、海中の生物が陸上にも適応していった
のが今の陸上の生物という説があります。

 その狭間は生物は波打ち際で何を行ったでっしょう!?
みなさん、想像してみてください。

 魚の浮き袋がありますよね。 その浮き袋が肺へと進化して

 肺呼吸ができるようになったと言われています。

その進化の過程の最中、波打ち際で波がうちよせてくる瞬間をその進化の過程の
魚になった気分で想像してみてください。

ザザザザッ~~~波がうちよせてきました。
海水が満ちてくるので、息を吐かなければなりません。
波に合わせて、さぁ~息を吐きましょう!! ふっ~~~~~~!!

 それが終わると、今度は波が引いてゆきます。
それと同時に、海水はどんどん無くなり、あたりは空気に満ちます。
さぁ~、今度は息を吸い込みましょう!! 今しかありません。
 す~~~~~っ!!!

 どうですか、イメージ出来ました?波打ち際の気分体験出来ました?

波打ち際での呼吸練習、これを繰り返すことで、徐々に肺呼吸を完成させて
いったと思うのです。それで、エラ呼吸に頼らなくても良くなった時
陸上生物として歩ははじめたのではないでしょうか?


 横でスヤスヤ寝ている人が居たら、その呼吸のリズムを聴いてみたください。
それはまさに、波のリズムです。健康で熟睡出来ている時ほど、波のリズムです。

 波が打ち寄せるように息を ふっ~~~~ と吐き
 波が引いてゆくように息を す~~~~~っ と吸う


これが いき なのです。

いき は 「行来」 です。口から出て行く い(行) 口へ入ってくる き(来)

 つまり、いきの 「い」 は吐く息、 いきの 「き」 は吸う息です。

このことはkotodamaartさんのホームページに詳しくでています。

そして、いきるとは何かですが

 「い」 と 「き」 がうまく交互に循環し めぐる つまり 「いきがめぐる」 ことをいきる
ということになると思うのです。

 そして 「い」はことだまでは 水に属します。
     「き」はことだまでは 火に属します。

つまり、いき⇒水・火 なのです。つまり水と光!!

また、ここで light&aqua が出てきましたね。

いきるとは 単に、息をすることだけではなく、光と水の要素の交合
そしてそれにより生まれる生命活動を示しているのです。

そしてそれらの交合が成立し、生命体としての体をなすには
根源からのすべてを貫く、共鳴という 宇宙律(自然律)が必要となります。


 いきる という言葉には、全宇宙規模での交合がその中に含まれているんですね。

そんな中で生まれてくる一つ一つの命の尊さには計り知れないものがあると思います。




 これもまた、絵にする方がいいですか・・・・・?

なぜ、light & aqua なのか!? - 2012.07.09 Mon

カラーコンパスの中心には黄色のところにlight,
紺色のところにaquaと書いています。
これは地球上の生命活動の根源が水と光で成り立っている
からです。(海底火山の付近にはマグマの養分と水で
活動している生命もありますが、ここでは私達が
日頃、目にする一般的な生命活動ということでご理解ください。)
更にわかりやすくなったカラーコンパスクリックで図は拡大します。

で、その言葉だけでは理解していただけない
頭の記憶にとどめていただけないみたいなので
4コマ マンガ風に光と水の ニ元素 が
生命活動の根源であることを表してみました。
light aqua animeクリックでマンガは拡大します。
水と光の二元素で、私達は植物性の食品、そして動物性の食品を
摂取でき生命活動の維持ができることを理解していただけると思います。


一方、古代中国ではこの世の成り立ち、宇宙全般も含めて
その成り立ちを陰陽のニ元素で説明してきました。
カラーコンパスの水と光はこの陰陽にも相当します。
つまり、陰≒水、陽≒光 ということです。


 そして、水の性質はこれ↓
light aqua anime 水の性質←クリックで拡大
水の性質はカラーコンパスの紺色→水色→緑色の特性を説明するのに
とても大切ですので、イメージとして焼き付けておいてください。

 そして、光の性質はこれ↓
light aqua anime 光の性質←クリックで拡大
光の性質はカラーコンパスの黄色→オレンジ→赤→赤紫→紫を説明するのに
とても大切ですので、イメージを焼き付けておいてください。



 この水と光の性質が相互作用して水から形をなし光からエネルギーを得
人体を形成し、生命活動を開始し維持してゆくことになります。


そして、カラーコンパスと水の性質、光の性質との関係
light aqua anime と カラーコンパスクリックで図は拡大
解説はまた、ゆっくりと後日。

心の地図 実例 - 2012.07.08 Sun

 こころの地図についてはカテゴリ:心の地図 を選んでいただければ心の地図
についての解説が連続してご覧いただけます。
それらの知識と、心の地図の裏の解説をもとにご活用いただければと思います。

 それで、もう少し、心の地図の使い方を体感していただくために
心の地図を実際の人のこころの動きでたどってゆきたいと思います。
心の地図ネット版

 症例:34歳 女性 Yさんもともと、元気で朗らか、病気もあまりしないタイプだった
のですが、お子さんの小学校入学とともに、PTAの役員に選ばれました。ところが、
PTAの役員会が始まると、いつの頃からか、役員の皆から自分が遠ざけられていることに
気づきました。どうしてなのか、自分では全く理由がわからず落ち込み、悩んでいると
ある役員の一人に、「あなたは、人の苦労がわからないのよ。はっきり言って無神経、
いわゆるKYなの、わかる?わからないでしょうね!」と思わぬ辛辣な言葉を投げかけられ
ました。それからYさんは増々落ち込み、食事も喉を通らなくなったといいます。

 そして、心底 疲れ果てて、どうしていいかもわからず。
相談出来る人もない困ったと、当院を受診されることになりました。

この時、Yさんは心の地図でebony を選びました。
ebonyは挫折を感じた時や、なんとかしたいけれどもどうしようもない
落胆に浸っている時などに選ぶケースが多いです。
    そして、オストワルト色相環の中から選んだ色は紺色でした。
病で訪れた患者さんが紺を選ぶ時、一つのことをじっと考えている時
悩んで居る時に選ぶことが多いです。(健康な時に選ぶ紺色とは
意味合いが異なります。)

Yさんはもともと黄色が大好き、いつも元気で朗らか、いじめられた経験も無かった
といいいます。一人っ子で両親にも大切に育てられ、その時の自分が大好き、
「今でもその時の自分でいたい。」とおっしいました。

さんざん、PTAの役員会で嫌な目に合わされたので、なんとなく自分が嫌われている
理由は今はわかる。自分が何の悩みもなく今まで育ってきたが、思い返せばきっと
周囲の人たちに不快な思いをさせていたこともあったのだろうなと思い当たる
ところもある。結婚してから、夫にも色々と言われてきたがそれは夫が悪いと
思っていたことも、実は自分に原因があったことも多々あるような気がしてきた。
いったい自分は何なのか、生きているのが辛い、こんな目に合うなんて
と涙をこぼされました。

 そんなYさんに、「あなたの好きな黄色は例えて言えば、太陽のようなもの
さんさんと光り輝き、みんなに明るさを振りまくのが黄色の人のいいところ
でも、太陽からは決して、照らしているものの影が見えません。太陽から
見えるところは、太陽の光に照らされたところばかりだからです。」

「あなたはきっと、両親に守られて、大切に育てられずーっと太陽のままで
いることが出来た、でも、きっといつまでも太陽でばかりも居てられない場面も
あったはずだが、それは無視して無いことにして通りすぎてきたはず。
でも、こんどばかりはそうは行かなくなったということだと思います。」

あなたが今体験している紺色の人の立場や、その他の緑色の人、オレンジの人、赤色の人、
紫の人たちはそれぞれの立場で、大なり小なりの悩み、苦労を抱え、それを
なんとかしようと努力し、大人になってきています。

しかし、あなたはそれをせず、深く考えることを恐れ、避けて通ってきた
持ち前の明るさだけで切り抜けてきたとも言えます。

「今は、紺色を体験し、しっかり自分を見つめなさい、考えなさいということだと
思います。太陽は照らす相手がいなければ、太陽では無くなってしまうこと
照らす相手がいるおかげであなたが、元気でいられたことをよく理解すべき
いいチャンスだと思います。辛いでしょうが、じっくり自分と向い合ってください。」

と説明し、クリニックでは診察後にNatural law samsara(クリニカル リフレクソロジー)
を受けてもらうことにしました。samsaraを受けてもらうことで、混乱状態にある自分に
余裕が出来、自分を見つめることができるようになります。

 数日後、彼女が選んだのは心の地図のdharana色はやはり紺色です。
自分がどうして、そうなったのか理解は出来たものの、まだまだ心身の
回復は充分ではなく、しっかり自分を見つめなおし充電をすべきポジションです。
dharanaには集中するという意味と繋ぎとめる(川岸につないだ船を流れないように
繋ぎ止める)意味があると説明しました。

このような時期、自暴自棄になりがちなので、そうはならないでねという願いを込めて、
この”dharana”という名前をつけていることも説明しました。

 それから数週間、診察とその後のsamsaraを繰り返しました。
はじめはやつれて暗かった彼女の表情も、少しずつ落ち着きを取り戻してゆきました。

そして、彼女が選んだのは palosanto でした。
自分に欠けていたこと、認めないといけないことはわよくわかったが、
それをなんとか頑張って克服してゆくのが辛いと言いました。
(この時、彼女が選んだ色は紫味の青です。)

 palosantoを選ぶ時、辛いけどもがんばらなければならない状況の時選ばれること
の多い色あいです。彼女にはあまり頑張り過ぎないようにアドバイスしました。
そして、もう少し気が楽になるように、香蘇散という漢方を処方、(本来は風邪の
漢方ですが、考えなくてもいいとわかっているのに考えてしまう時に気持ちを
落ち着けてくれる働きがあります。)

 それから、一週間後、彼女はearthを選びました。
心身ともにまだ思わしくないのですが、バランスを取ろうとしはじめた証です。

 この時、彼女は「実は自分の一人娘を育てるのが嫌だった。
自分はずーっと、かまってもらう立場で居たかったのだということに気がついた。」
と言いました。そのことに本当は気がついていたのだけれども、いけないことだと
その気持ちにフタしてやり過ごしていた。とも言いました。

 彼女は自分が大人になることを拒んできたこと、
それが、PTA役員のお母さんたちとの間に隔たりを作ったこと
そして、自分の娘に対しても、拒否反応を示してしまっていたこと
を自分自身に認めさせることができたのです。

 その後も葛藤は続きました。
一人になりたい、誰とも接触したくない放っておいて欲しいという時期もあり
(この時はdhyanaを選び、色は紫でした。)
一時的に全くもとの自分に戻れた~!といいながら、vital の黄緑を選んだ
時もありました。(この時の彼女はしいて元気になろうとし、ジョギングを
はじめたり、ちょっと、無理をしてカラ元気を演出しているように見えた。)

 で、最近はsoft~lightあたりに落ち着き、ピンクや水色を選ぶことが
増えました。大人である自分をようやく認めることに慣れてきて、子育ても
愛情を持って娘に接することができるようになってきたとおっしゃっています。

 PTAの役員を終えたこともあり、心の落ち着きは取り戻す事ができました。
そして、今回の出来ごとで彼女は通らなければならない関門を通り抜けること
ができたのだと思います。

 生きている限り、心の揺れは続きます。

しかし、今回の彼女の経験は彼女を一歩、人としての成熟に導き
幸せに近づけることができたのだと思っています。

 このように心の地図で経過を追ってゆけば、
どのように回復し浮上していったのかが、手に取るように理解していただけると
思います。

 参考になりましたでしょうか?

カラーボトルカウンセリングの有用性 - 2012.07.08 Sun

カラーボトルカウンセリングがどうして、心理を読み解くのに有用であるかですが、
私の臨床経験からの推察は以下のとおりです。

 まず患者さんに積み木や紙などの物に塗られたされた色を選んでもらう場合と、
カラーボトルのような透明な液体の色を選んでもらう場合8割近くの方が違う色
を選ぶんです。同じ色ではないんですね。

 和み彩香の場合、最初に2本ボトルを選んでもらい、
次に2本、そしてまた次に2本選んでもらいます。
それで、最初の2本が過去、次の2本が現在、で最後の2本
がこうありたいと願っている未来の自分ということになっています。

 それで、面白いことに積み木や紙の色で選択した色とカラーボトルで
二組目に選んだボトル(つまり現在を意味するボトルですね)
が一致することがとても多いんです。

これはつまり、物体に塗られた色を選ぶ場合は現在の自分の色を選んでいる
んだなということが推測されます。

ここからは、私の仮説ですが、おそらくカラーボトルの色を見る時、
人は光の色を見るような気持ちで眺めていると思います。その時、
光の色は手に取ることが出来ないという先入観があると思います。

それで、最初に二組のボトルを選択するとき、手には取ることが
出来ないものを選んでいるという潜在意識が働いていると思うのです。

 それは、つかむことは出来ないけれども認識することができる。
現在ではない、今までの自分=つまり「過去の自分」を選択している
ことになっているのだなぁと思うのです。

それで、一回目の選択で「あ~、光の色をつかむことができるんだ~。」
という体験をして二回目の選択の時には現在の自分の色を選択する、
そして三回目は過去と現在の選択は終わっていますから、
のこりのこれから、未来はどうすればいいのか、どうありたいのかという
潜在意識レベルでの認識が顕在意識へとポッカリ浮かび上がってきて、
選択できるようになる。。。

というのがカラーボトルカウンセリングの意識レベルでの
メカニズムだと考えています。

 それは、まるで、表皮の角質層(過去)を剥がし、その下の顆粒層(現在)を剥がし、
そして未来の有棘層に達する。つまり心のピーリングを行うことで心が本来持っている
力を蘇らせる。とんな感じなんだなと捉えています。

 「カラーボトルによる心のピーリング」ということですね。

これは私の仮説ですが、こういったことをもとに、
evidenceやexperienceを重ねてゆけば、カラーセラピーも立派な医学として認知される
ようになるのだろうと思っています。
 

手を合わせるのはなぜいいのか? - 2012.07.07 Sat

キリスト教でも、仏教でも祈りの時、右と左の手を合わせますね。

なぜ、手を合わせるのでしょう?

左の法則、右の法則では左は前向きのストレス、右は後ろ向きなストレス
と書きました。左右合わせることで、これらが緩和されるのではないでしょうか。

また、左右の手をあわせることは左右の脳への刺激をあわせることになり
思考を統合できることにも繋がるようにも思えます。

きっと、祈りたい気持ちの時、左右の手を合わせることで
気持ちが落ち着くのだと思います。それが合掌に繋がっているのでしょうね。

で、余談ですが、東洋医学な発想で行けば
脈診自然律療法←クリックで図は拡大します。
過去の記事で、脈診の覚え方に使った図ですが、
このように、脈診の内容と色相環(カラーコンパス)を照らし合わせると
左右の手を合わせた時に、色相環の巡行は八の字、メビウスの輪を描くことになります。
手を合わせることで無限の色の巡行がそこに成立するわけです。

ま、これはたまたまですが、無限に巡行するカラーコンパスってなんかいい感じですね。

こんなことも手を合わせる時に意識してみてください。

きっと、心理的にプラスの効果はあると思います。

空(くう) - 2012.07.04 Wed

以下は自然律療法流の空(くう)から宇宙発生、そして収束の解釈です。
スライド1←click 空の海にうねりがあります。
スライド2←click 空の海のうねりの底にほころび(=無)が発生します。
スライド3そのほころび(=無)を修復しようと空(くう)の流入が始まります。
スライド4←click
無に流入した空(くう)は次第に勢いを増し、爆発的なエネルギーとなります。
そしてそれがビッグバーンとなり、宇宙が形成され宇宙は膨張を続けます。
そして宇宙は空(くう)への回帰のため無限という光に向かって全ての融和をはじめます。
そしてこの世の混沌は次第に収束してゆき無限に達します。
スライド5
無限に達した宇宙は空へと回帰してゆきます。

どうでしょう?
自然律療法流の空そして宇宙の捉え方


ところで、空(くう)って、いったい何なの!?

改めて、そう思ってしまいませんか?

 仏教で「一切は空(くう)である。」という概念がありますよね。

この世の全ては実は空である。という意味。

 空(くう)とは何も無い状態だけれども、でも空虚ではないと言われています。

空(くう)という言葉のおかげで、その言葉のニュアンスがわかる人であれば

多少なりとも、空(くう)というものを認識することができます。

でも、空(くう)という認識はあるけれども、その実体を手にとってつかむことは出来ないですよね。

これって、一体何なんでしょう?

 お釈迦さんが、瞑想して、空(くう)という概念をはじめて認識したとしたら、

その何も無い空(くう)を認識しているものは何なんでしょうか?

「そこには何もないのに、それを認識できる。」

これって、どう考えてみても普通に考えれば、おかしな話しですよね。



 でもね、一つだけ明確な答えがあると思うんです。

おかしくない、答えが、

それは、空(くう)そのものが「意識」だとすれば、それが可能なんです。

空(くう)=意識 ならば、その実体を手にとってつかむことは出来ないけれども

認識することができるのです。



 それしか、この謎を解く答えはありません。


つまり、空(くう)は意識であり、「こころ」なのです。

全てはここから始まると思うのです。

(こころは物質ではなく、状態、認識はできるけれども捉えることができない。)

 自然律療法では、「こころ」を天地万物の素と捉えて、理論を展開していますが
その根拠はここにあります。


 そういった目でもう一度、上の5枚の絵を順に見ていってください。

空の海は「こころの海」です。このこころの海にはもちろん私達のこころも

あります。私達のこころも、この海の一部なのです。

そして、この「こころの海」はつねにうねりがあります。

そして、時には大きくうねり、そのうねりの均衡は破綻しそうになります。(無の発生)

そうすると周囲のこころが、そこへ流入し、その破綻を修復しようとします。

しかし、無からの修復には莫大なエネルギーが必要となりますので、

こころの流入はやがて勢いをまし、とんでもない化学反応を引き起こします。

それが、ビッグバーンです。

そして化学反応を起こした「こころ」は次々とその姿を変え万物の素となり、



宇宙を形成してゆくのです。

その中で誕生した生命、そしてついには人類に意識というものが発生します。

それは人類の脳に「こころ」が宿り始めたからなのです。

その脳にこころを供給するため「こころ」はこころの海からどんどん流れ込んできます。

そして、私達人類は宗教によりこの世の全てを知ろうと考え始めます。

そして、科学により宇宙の観察をはじめ、宇宙の成り立ちを探求しはじめ

宇宙を構成する究極の物質の発見にまで後一歩のところまで来ました。

私達は脳にこころを宿し、意識が芽生えたのは何のためか!?

それは全てを知るためだと思うのです。

全てを知り、この世の混沌の融和をはかり、無から無限に向い、無限光への回帰を

達成した時、私達のこころは自由になります。

空(くう)に生じた、ほころびの修復が完了するのです。


空(くう)つまりこころの海の均衡を保つのが私達の役割、存在意義ということになります。


しかし、修復が完了したからといって、私達が消滅するわけではありません。

私達は「こころ」として、空(こころの海)に存続し続けます。

そして、またそこにほころびが生じたら、私達は(現世へ)修復に向かうのです。

それが、私の想像する輪廻転生です。

空の海を見渡せば、無数にうねりは存在します。そして、それだけ無数の宇宙も

存在するわけです。私達はそこへ入ったり出たり、自然のリズム、宇宙のリズムに

従って、空の海や現世で生きているのです。




 で、私達は今、宇宙のまっただ中、地球上に居ます。

何をすべきか、私はまだお参りしたことがありませんが、

大阪の平野に、大念仏寺というお寺があります。

天台宗の僧侶である聖応大師良忍が、おこした、融通念仏宗のお寺です。

「1人の念仏が万人の念仏に通じる。」という考えだそうです。

一人の想いがみんなのためになるということでしょうかね。

一人の想いがみんなのためになるのであれば、逆に考えると

他の人が想ってくれることは、私のためなんだということになります。

つまり、「一人は万人のために存在し、万人は一人のために存在する。」ということに

なりましょうか。

この一心が、普遍的になれば、今ある、原発問題も、消費税問題も、格差問題も、

ユーロ危機も、融和されてゆくのではないでしょうか。時間はかかります。

でも、少しずつそいう良い意味で融通の効く世界になってくれればと思います。

それが、空の海の願い、こころの海の願いだと思います。



こころは大きな力を持っています。

そのこころと素直な気持ちで生きてゆけたらいいですね。




山本篤先生のシータヒーリングの講座を受けて、空の海と宇宙の形成を再考した図です。
1層~7層と空の海


Map of the heart - 2012.07.02 Mon


I'd like to talk about Map of the heart.
(This map is my original.)

Do you ever feel lost in life ?
When you're feel lost in life.
Please choose the color wheel you like .
スライド1←click!

This figure represents states of mind.
スライド2←click!
This map leads you to the right way.

(Map of the heart is useful as a tool for counseling.)

カラーコンパスは時計回りが原則!! - 2012.07.01 Sun

カラーコンパスと発達曲線(図はクリックで拡大します。)
上の図の左はスキャモンの臓器別発育曲線というもので20歳の発育レベルを
100として、諸臓器の発育を4つのパターンに分類したものです。
この発育曲線でもわかるように、出生後まもなく真っ先に発達をはじめる
のが神経系、そして次にリンパ系が急激な発達をはじめ7歳頃には
20歳時の100%に達しさらにそれを上回る勢いで発達したリンパ系
12歳頃にピークを迎え20歳で100%の域まで戻ります。
で、その次が呼吸器、消化器、腎臓、心臓、大動脈、脾臓、筋、骨
血液などの諸臓器でこれが一般型と呼ばれるもので身長の発育経過と
類似の発達をします。そして最後に生殖器が発達し20歳で100%に達するわけです。
これを、右のカラーコンパスと比較していただくとおわかりいただけると思いますが、
臓器の発育の巡行通りに追ってゆくとカラーコンパスでは時計回りになります。

今までも、カラーコンパスについて色々と述べて参りましたが、いずれも時計回りでした。
この時計回りの基本がいかに大切であるかはこの発育の順からもご納得いただけることと
思います。


 ちなみに、二十歳以降はどうなるの?って思いますよね。
私もそう考え、色々検索してみました。すると
ストラッツ,ワルシン, リヒルウィッツによる生活曲線というのが
ありました。
老化曲線(図はクリックで拡大します。)
いち早く老化するのは生殖機能
そして最後まで活動し続けるのが精神機能
老化は反時計回りになっているのですね。(材料が少ないので断定は乱暴かもしれませんが)

色相環は生命の循環、それを感じませんか!?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。