2010-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬徴とカラーコンパス - 2010.08.28 Sat


薬徴―漢方要薬利きかた効かせかた薬徴―漢方要薬利きかた効かせかた
(2005/06)
田畑 隆一郎

商品詳細を見る

の内容を試みとして、カラーコンパス上に表現してみました。
まずは、麻黄、桂枝、杏仁、石膏です。
スライド1スライド2
どうでしょうか、ビジュアル的に把握しやすくなったのでは!?

はじめての方は
カラーコンパスの外周は以下のごとくです。ご参照ください。
スライド1


誰もが知っている、リコリス=甘草も追加します。↓
カラーコンパスと薬徴 甘草
切迫する症状を緩和。

次はどこのご家庭にもある。生姜です。
カラーコンパスと薬徴生姜
 先日NHKでも放映されていましたが、生姜は末梢を温め、
乾姜は中を温める、ということですね。

のどに効く半夏と桔梗
 カラーコンパスと薬徴のどに効く

平成23年***今年中に全生薬を、気血水のシリーズにわけて
以下にビジュアル化してゆきたいと思います。



気シリーズ
カラーコンパスと薬徴枳実・厚朴・気


水シリーズ       舐めてみるとわかりますが、白朮は精油の量が多いので、
                 ちょっと胃には刺激が強いのです。
カラーコンパスと薬徴茯苓・猪苓カラーコンパスと薬徴沢瀉・朮カラーコンパスと薬徴麦門冬・五味子
カラーコンパスと薬徴黄身と瓜呂根



血シリーズ
カラーコンパスと薬徴当帰・芍薬カラーコンパスと薬徴桃仁・牡丹皮カラーコンパスと薬徴川芎、クララ
カラーコンパスと薬徴大棗、地黄









スポンサーサイト

色でわかる食べ物の陰陽 と ホメオスターシスレベルと味 - 2010.08.24 Tue

このカテゴリーは改訂しています。→*をご覧ください。

食べ物の色で、食べ物の陰陽がだいたいわかります。

陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)
(1994/04)
梅崎 和子

商品詳細を見る

を参考にして、カラーコンパスで表現してみました。
マクロビオティックよりはシンプルでわかりやすくなるのでは!?
食べ物の色とカラーコンパス
とこの上の図のようになります。この図で上の本の内容がさらに
わかりやすくなるのでは?
食べ物の味とホメオスターシスレベル
味に関しては私の持論、上の図のようにそれぞれの段階でホメオスターシスレベル
によりそのレベルを支えてくれる、主な味が異なります。
いずれも、適度な摂取が大切です。摂りすぎはいけません。


食養の分野では、私は料理できるわけではないし。
歯が立ちません。賛同してくださる、料理家の方や栄養師さんが
いらっしゃれば助かるのですが・・・・・、

カラーコンパスと陰陽虚実 - 2010.08.22 Sun

スライド2
四季体質でいう秋体質、冬体質は陰証より、春体質、夏体質は陽証より
ホメオスターシスレベルの基準線より図のように傾きがあると理解して
ください。
スライド1
ホメオスターシスレベル1の方は実、6の方は虚3と4が虚実の
境目となります。

以上がカラーコンパスと陰陽虚実です。

Color compass と 六病位 - 2010.08.18 Wed

スライド4
漢方の六病位をこのカラーコンパス上に表現してみます。
スライド5スライド6スライド7
上三図が六病位のうちの陽証です。
太陽病期は症状が体表で頭、項背部。
少陰病期は半表半裏で、胸部から上腹部の症状。
陽明病期は裏に熱が入ってしまい、身体深部に熱がこもり(稽留熱)
     下腹部の症状が目立ちますね。でも、まだ脈は実で元気があります。
スライド8スライド9スライド10
上三図が六病位のうちの陰証です。
太陰病期は体の裏が冷え、消化機能が低下します。
少陰病期は体の裏から体表まで全てが冷え、体が重だるくゆうことをききません。
     脈も微弱となります。
厥陰病期は体の芯は極度に冷えきってしまい、体表には逆に熱があるように
     見えることがあります。注意深く状態を見守るべき状態です。

 以上、六病位をカラーコンパス上に表現してみました。
    六病位が視覚的に把握できたと思います。

症例から学ぶ和漢診療学を参考にしました。

舌診:舌体の色調変化 - 2010.08.16 Mon

今回は舌そのもの、舌体の色の変化とそれが示す意味について
舌体の色調

淡白舌:貧血や水分過剰で薄くなった血液
淡紅舌:正常舌
紅色舌:血液の濃縮、体に熱のある状態、水分欠乏、慢性消耗疾患、
    ビタミンBの欠乏
深紅舌:熱のあるとき、血流の滞り、血液濃縮状態、脱水。・・・絳舌とも言う。
青紫舌:血液の滞り、瘀血、酸素欠乏、循環器障害、呼吸機能低下

舌の先端の発赤:風邪の初期

     国立療養所南福岡病院 歯科 柿木保明
    (歯科医師・歯科衛生士のための舌診入門)より、抜粋


と以上のようになります。

 この前の記事の舌苔の色と、この舌体の色の変化の意味を把握することで
病態の大筋はつかめるようになると思います。

 あとは舌の形や大きさ、舌の動き、が参考になりますね。


ここまで、まとめてみて、過去に書いた舌診とカラーコンパス
書き直したほうがいいのか、やはりこのままでいいのか、ちょっと、悩みます。
(この辺が、和漢と中医の折り合いの難しいところなのかなぁ・・・?)
これについては、もう少し検討してみます。・・・簡単明瞭を指針に。

色彩と舌診(舌苔色) - 2010.08.15 Sun

さて、次は舌診です。舌診とは舌の状態を診ることで、体の状態を知ろうとする
方法で、(昔のお医者さんはよくやっていましたね。)中医学において発展した
方法だそうです。

 さて、今回は舌苔の色についての考察です。
舌診・舌苔と色相
体調を崩したり、風邪をひいたりすると舌に苔ができますが、
熱による変化は図の赤の点線→のように経過します。

風邪のひきはじめ、熱が体にこもりだしていると、舌の苔が
黄色味を帯びてきます。nalu・cure式に表現すれば黄色は太陽の色、
アーユルヴェーダではピッタの色、まさに熱の出始めは黄色の症状
色彩診断でも、発熱の兆しがある人に色を選んでいただくと、黄色を
選ぶ人が多いです。
つまり、この初期症状は黄色病、漢方でいう
太陽病期になります。 なぜ、太陽病というのか、この色で見ると
実によくわかりますね。漢方を専門にしておられる方でも、太陽病が
なぜそう呼ばれるのかしっくりこない方もおられるかと思いますが
この病期の人が、黄色をよく選ぶことを知っていただければ、感覚的に
納得していただけれるのでは?と思います。


寒さにさらされた状態、体が冷えて起きた病状の変化は
青の点線→に従って、経過します。灰色や黒の舌苔は熱によるものなのか
冷えによるものなのか、区別がつきにくいですが、
乾燥傾向にあれば熱による変化、湿潤傾向にあれば冷えによる変化と
判断するようです。

また、舌苔の色はその苔に繁殖する色々な細菌のコロニーの色の総和で、
黒色の舌苔は、糸状乳頭が異常に伸長し、この間隙に堆積した微生物
、壊死した上皮細胞などが硫化水素を発生し、それがヘモグロビンなどと
結合して硫化鉄となった結果、黒色を呈するといわれているとのこと
       ・・・(原敬二郎(監)舌診カラーガイド、ミクス、東京)



参考図書としては

日本歯科評論別冊
歯科医師・歯科衛生士のための舌診入門
新しい歯科医療の展開

が現代医学と東洋医学を対等に扱い検証しているので、良いのではないか
と思います。(これは絶版のようです。)
歯科医師の臨床のために書かれた、舌診の本が現代医学と東洋医学を照らし
合わせきちんと検証したものが多いのではないかと思います。


 平面的に見ていた色相環を、立体的に見ることで、病状の経過が
この舌診の舌苔色の経過のように、手に取るように理解することが
できるようになりますね。  これで、また一歩前進!

色の脈動その2 - 2010.08.13 Fri

さて、凡人の私でわかるレベルでの脈診について考察の続きです。
Nalu・cure 脈診1
上図のように、脈診では(右から)人差し指、中指、薬指を撓骨動脈の上に添えます。
中指は撓骨の突起の上に位置するようにあてがいます。
そして、この三本の指を深く沈めたとき、血管を強く圧迫しますので、
人差し指は血液が手の方へグーっと流れてゆこうとする力を感じることに
なります。つまり、血の力、V(ヴァータ)の動こうとする力を感じ取るわけです。
次に、中指は血流が骨突起でビュンと跳ね上がるように感じとりますが、これは
指と突起で挟まれて、狭くなった血管腔を押し広げようとする力を感じています。
これは気の上にグンと伸びようとする力、P(ピッタ)のエネルギーを感じている
ことになります。そして、薬指は血流が去った後の残留成分、波の背を感じ取ります。
これは水の成分つまり、血液の液体としての、そしてK(カファ)としてのボリューム
の底支えする力を感じ取っていることになります。
これを色の脈波で示すと下図のようになります。↓
Nalu・cure 脈診2

そして、指を軽く浮かせて脈診をした場合、下の図のようになります。↓
Nalu・cure 脈診3
軽く触れるだけの場合は主に、血管壁の脈動(振動)を感じ取っていることになる
のだと思います。これは心臓自体の振動、血流による振動、脈波の反射による振動
などの要素から、周囲の軟部組織に吸収された振動を差し引いたもの・・・、といった
感じになるのかなと思います。この状態で果たして、どのような診断ができるのか
正直いってわかりません。一応、脈波に色付けはしてみましたが、これらを識別
できるのでしょうか?高血圧や交感神経系の亢進状態にある人の脈なら識別できる
のかもしれませんが、正常脈の場合、どうなのでしょう。?


 一応、今のところの結論として、

 人差し指 :血、ヴァータ
 中指   :気、ピッタ     
 薬指   :水、カファ


がnalu・cure流の脈診の判断ということになります。
そして、交感神経系が亢進状態にある時は左手の方に
優位にその特徴が現れる可能性があると、いったところです。

脈診はもっと勉強して、実践し、さらなる気づきがあれば更新して
ゆきたいと思います。

色の脈動 - 2010.08.11 Wed

 さて、それではイヨイヨ、nalu・cure流、脈診の考察です。
古典に飲み込まれることなく、なおかつ古典を継承しながら
新しいものを産み出さなければなりません。

 そこで、nalu・cure得意の色で理論構築をすることにします。
色と脈動
これはpccs(日本色研配色体系)の色立体概念図です。それに
肝、気、心、心包(脾)、血、肺、腎、水の五臓+気血水を
はめ込んでみました。(カラーコンパスに従って)
この図の縦軸は明度、一番頂点が白、一番底が黒です。図の
色は一番ビビッドなカラーになると思います。

 色により脈動を表現すると、このようになります。
脈動の頂点は黄色(色相環の中で明度が一番高い色)で心
一番底辺は紺色で腎になります。このように脈動が循環している
とイメージしてみてください。

そして、これを赤と紫のところで切断し、平面視してみます。
色と脈状
とこのように、脈波に似た形になります。ltはライトトーン、Vはビビッドトーン
dpはディープトーンです。

 これを応用して、脈状に照らし合わせてみましょう。
色脈波正常
この場合は正常脈です。この場合、寸口で得られる情報は
大腸や肺と心包、脾、のオレンジあたりが中心になりそう
しかし、これが大過の脈になると
色脈波大過
とこのようになり、黄色の心の情報が寸口で目立つことになります。

 左側は交感神経の影響をうけやすく、緊張状態では大過の脈となり
左手の寸口は黄色の心、小腸が主体となり、

 右側は副交感神経の反映をしやすく、(左の法則、右の法則を参照)
また大動脈から腕頭動脈そして右鎖骨下動脈と総頸動脈に分かれるため、
左の鎖骨下動脈の場合と比べ
大動脈の分岐から先の血管床の容積が大きいことになりますので、
交感神経緊張による影響が反映されにくいと考えられます。
それで、右手の脈診では寸口で肺や大腸(紫、赤色)の情報が
得られることになうのでは・・・・、

 というのが脈診の左右差の理由だと推測されます。


 上の図で色と脈波の関係が、分かりにくかったかもしれません。
下にもう少し、図を加えて解説致します。
脈波色、VPK
図では血管の中を右から左へ、血液が流れています。脈波も同様に
右から左へ変化してゆきます。この波が心臓の拍動に伴い、次から
次へやってくると想像してみてください。
そして、脈診では指で押さえた場所が、この脈の一番どこを感知しているか
で、脈波のどの部分を診ているのかということになるのだとおもいます。

ですから、体調により、大きな強い脈波の場合は黄色の心の部分が際立つ
ようになり、心を感知しやすくなります。(アーユルヴェーダ的にはPつまりピッタ
を感知しやすくなる。)また、弱い、小さな脈波だと、際立った部分が少なくなり
多分、本当は五臓のどこが悪いなどと判別しにくくなるのではないのかな
と思います。

 それでも、中医学、チベッ医学、アーユルヴェーダ医学の達人達は
脈により多くの情報を得ることができるようです。私は凡人としての領域で
感知しうる範囲についてさらに次のページにて、脈診の基本的なことに
考察をくわえてゆきたいと思います。


脈診あれこれ - 2010.08.08 Sun

皆さんごそんじのように、通常
脈診は通常、人差し指と中指、薬指で、手首の撓骨側を
撓骨茎状突起部をはさむようにして診ますが、

脈の脈波としての実態、形状の経時的変化を診るには
脈のコツ親指
のように、親指を動脈に沿うように当てるといいように
思います。こうすることで、脈動の形状とその経時的変化が
まさに手によるようにわかります。この上で、脈診について
考察を重ねてゆきたいと思います。

まず、アーユルヴェーダにおける脈診
男性は右手を女性は左手を診るそうです。
脈診図
図のVはヴァータ、Pはピッタ、Kはカファ
東洋医学的にあえて例えると
  血、気、水   の順になります。これらの関係についての考察は
Color compass と ドーシャをご参照ください。

ところが、東洋医学でみる脈診になると、そう簡単にはゆかなくなります。
脈診浮沈カラーコンパス
この図、パワーポイントで苦心惨憺して作りましたが、
図のように軽く押さえたときの脈が 浮
     強く押さえたときの脈が 沈  になります。
 沈の時は五臓、浮の時は六腑が該当しています。

これをカラーコンパスに照らし合わせてみると
流れとしてはカラーコンパスの紺、緑、黄の左側が左手
オレンジ、赤、紫の右側が右手になります。

 左手側はすんなり、綺麗な流れです。
 右側はちょっと、つまづきます。途中で左カラー群の黄緑(胃)
 が入りますね。これはすんなりゆきません。気持ちがわるい。

 どう解釈すれば、すんなり納得できるのでしょう?
 「脾に対応するのは胃だからだ。」そんな声が聞こえてきそうです。
 でも、きっと、他に何か、隠れた理由があるはず。

 脾に対応する胃の部分は、回腸だとしたら、カラーコンパスとしっくり
 くるのですが、オレンジ色になりますし・・・。

 わからないので、ヒントを探すためチベット医学を検索してみました。
 チベット医学は脈診が最も発達していると言われているそうです。
 寒い土地での診察は脈診が便利なので、発達したのかもしれませんね。
脈診チベット医学
チベット医学は情報が少ないのでずが、仏教医学・チベット医学の現状と
将来の展望
兵庫大学健康科学部教授 岡田昌義 先生の資料を参考に
作成しました。たぶんこれで合っていると思うのですが・・・。
さらに、

脈が100回打つ間、脈診を行う。
一回の呼吸の間、脈が5回うつのが正常。
          6回以上になると熱症
          4回以下になると寒症


と書いてあります。これは結構、簡単明瞭ですね。こういうのが
いいですね。難しく考えると、病気も難しくなる。簡単に説明
できると、病気も簡単になるもの、Nalu・cureでもこの方法
採用してみたいです。(明日から早速、検証してみようっと!!)

また、脈のとりかたは、指の置き方は同じようですが、
ドクター・ダワの 「チベット医学入門」
 によりますと、

医者は指の上方部分を患者の手首に当てて、五臓(心臓・肺・肝臓・腎臓・脾臓)の状態を診ます。
そして指の下方部分で六腑(胃・大腸・小腸・胆嚢・膀胱・精嚢)の状態を診るのです。


とあります。多分、指先を当てたときが五臓、指の腹を当てたときが、六腑といった感じ
でしょうか?

しかし、ヒントを探すつもりが、マスマス混迷してきましたね。
チベット医学の場合、インドの影響(左手と右手の使い分け)もあり、
独特です。しかし、どの医学も伝統に裏付けられたエビデンスがある
のだろうと思います。

 いずれにしても、チベット医学と中医学での共通点は
強く押して脈をとったときが、五臓の診断に、
軽く当てたときが、腑の診断に用いられているということ、
そして、撓骨突起を挟んで、三点で脈を診るということ、
小腸、心、大腸、肺が先端部(寸口)、胆、肝、脾、胃が中間部(関上)、
腎、膀胱が中枢側(尺中)にあるということです。

 強く、押し当てて脈を診たときは(沈)、心臓の収縮力を血液という
液体を通じて、圧力として感知できるのだと思います。これが
深部の力、五臓の働きを知る手がかりになるということでしょう。

 軽く、脈に指をそえたとき(浮)、それは血管壁を伝わる脈波からの
情報がメインになるのでしょう。これは動脈硬化など血管壁の状態も
大きく影響すると思われます。つまり、体中に広がる末梢の情報の一部
を捉えることで、浅部の力、つまり腑の働きを知る手がかりとしている
のかもしれません。

 ここまで、来たら、そろそろNalu cureとしての脈診をどうするのか
答えを出さなければなりません。答えがでたら、ページを変えて
また、記載します。長くなりました。

色の具体例(黄緑) - 2010.08.08 Sun

kyuuri1.jpgこれはキュウリです。こっちへ伸びてね、その方がいいよ!
ってな感じでヒモを斜めに張って、ガイドしてあげているのに、
当のキュウリ君はご覧のようにゴーイングマイウェイ!!
上へ上へ伸びようとします。

 はた目に見れば、ヒモを伝っていた方が早く、上へ伸びることが
できるのに(ヒモは二階のベランダまで続いています。)言う事を
きかないキュウリ君はとにかく真っ直ぐ上に伸びたいのです。

 こんな人、あなたの周りに居ませんか?

上昇志向は旺盛で意欲もあるのですが、周囲のアドバイスを聞き入れず
自分の考え、やり方で伸びようとする。これはまさにleaf greenつまり
黄緑の人の特性なのです。実はそういう私も緑系、意欲に溢れているとき
は黄緑です。だから、このキュウリ君の気持ちよくわかります。

 はた目に見れば、もっと言う事を聞けばいいのに、レールに乗りなさい
よ、というのは他の色の人の言い分、黄緑の人は自分のスタイルで物事を
進められなくなると、途端に元気が無くなってしまいます。そうなると
どんどん伸びようとする、黄緑の先端は伸ばす先がわからなくなり、その
ツルはトグロを巻き、自分の体を締め付けるようになります。それが、
大した原因もないのに、いつまでもわからない症状を発現することになり
ます。

 ですから、普段好きな色つまりテーマカラーが黄緑の人は自分のスタイル
を守りつつ、いかに組織に順応してゆくか、その方法をあみだしてゆかなけ
ればないりません。また、周囲の他の色の人たちは黄緑の人を活用したけれ
ば、このヒモを真上に張ることです。そうすれば、予想をはるかに上回る
速度で、黄緑君はどんどん伸びてゆきます。それは他のどの色の人にも
マネの出来ないことです。

 その他の色など詳しくは
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
を御覧ください。

 ちなみに、伸びることを諦めてしまった黄緑くんはどうなるか
ワイルドオート画像は楽天ショップより、


このワイルドオートのよに、思案投げ首、げんなりしてしまい元気が
無くなってしまいます。そんな時はワイルドオートのバッチフラワーレメディ
を活用するといいと思います。黄緑の人が頭打ちになったとき、この
ワイルドオートのレメディーが有効でしょう。

このように、色のメッセージを知ることで、適切なケアができるように
なります。心療内科を転々とし、安定剤に埋没する日々とも縁が無くな
るのです。黄緑の皆さん、道を踏みあやまらないように!
此のレメディーが、助けてくれます。

 繰り返します。皆さん、色のメッセージを知って、受け取ってください。

経絡とカラーコンパス - 2010.08.03 Tue

カラーコンパスと経絡についての関係図をずっ~と考えている
のですが、中々難しいです。
しかし、今日たまたま
初めて読む人のための難経ハンドブック初めて読む人のための難経ハンドブック
(1996/08)
池田 政一

商品詳細を見る

(全く読めていないのですが・・・・、)
の、たまたま第二十六難(経絡)を開いて、一応こんな感じかなという
ことで作成してみました。
スライド1

膀胱が赤のところと紺のところの2箇所にありますが、
炎症を起こしている膀胱は赤の範疇に入り、そうでない膀胱は紺の範疇に入ります。
また、脾と心包が同じオレンジになっていますが、心包は言わば、小循環の中の
脾だと捉えています。そう考えると、このつながりがスムーズに通ります。
そして、脾そのものは小腸または回腸(このへんが今のところ断定できません。)
と考えています。


スライド2
三焦は下の図に記しますが陽絡と同じと考え(点線の円)作成しています。


スライド3
上の本によると、脾の大絡ははっきりしていないようなのですが、
nalu cure的に見ればこの図のようになるのかな、と思います。
陰絡と陽絡は一目瞭然ですネ。このように捉えるのが自然だと思います。
脾の大絡はカラーコンパスで見てみると、とても重要な役割をになっている
ように思えてきます。

 これで、表裏一体をなしている。経絡十二本と脾の大絡、陰絡、陽絡の
計十五本を図示できました。

 ただ、課題である十二経の巡行がきれいにカラーコンパス上に図示できません。
やっかいな問題です。ですが、簡単明瞭を目標に試行錯誤は続けてみます。

8月4日
経絡とカラーコンパス十二経流注
一応nalu cure流、十二経流注を作成してみました。みためにできるだけ
シンプルになるように努力しましたが、
これが臨床の場面で何の役に立つのか・・・・・?
そのうちまた何か気づきがありますかね。
実は、自然律療法は口から入るものについての治療は網羅していますが、
人体の整体的なアプローチは、未開発です。カラーコンパスに経絡を融合
させることで、そのへんの解決へつながるのではないかと思い、試行錯誤
している次第です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。