2010-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌診 と color compass - 2010.01.31 Sun

zetucolorcompass.jpg
舌診について、color compass を応用して
図解しました。
color compass より外側へ向かうほど
病的ということになります。
中心へ向かうほど、健康です。
舌診の参考図書は↓を参考にしました。
やさしい漢方理論
やさしい漢方理論
喜多 敏明
スポンサーサイト

八卦チックなcolor compass - 2010.01.26 Tue

東洋風に見るとこんな感じ!?

hakketikku.jpg
八卦チックにcolor compass を描いてみました。
それぞれの色に何か、象徴的なネーミングが必要。
ただいま、考え中。
hakketikkutubo.jpg
一応、ツボの名称でとりあえず対応してゆくことにします。
これで、八卦チックな雰囲気ちょっとでてきたかな?

*漢方にはこちらのcolor compassで対応。

*ハーブやアロマ、バッチなどの代替医療には
 clinical chakraで対応、ということになりますか。
hakketikkuchakra.jpg
↑chakraの名前も加えた図です。

必見!! 自然律療法 画像特集。 - 2010.01.23 Sat

natural law cure ・ 自然律療法の画像オンパレードです。
今までの総まとめ、どうぞご参照ください。
↓絵をクリックすると拡大します。
colorcompasskinomeguri.jpg←Bio color compass で気の巡りを表現しています。
colorcompassdai.jpg←Bio color compass 大循環と小循環の関係も見てください。
            右下のカラフルなフラワーはcolor compass です。

スライド1←color compassを活用した
natural law cure nal・cureのロゴマークです。
スライド2←color compassは人体を表現しています。
nalcure logokiketusui←color compassと五臓、気・血・水の関係です。
スライド4←color compassと身体表面の関係です。
スライド5←color compassをclinical chakra に展開した図です。
clinical chakra のネーミングを一応以下のように考えてみました。
GranOrgaCoronaGrasPorta AqualisGlobeSpiritusです。
でこのようになります。↓
clinicalchakranaming.jpg
ネーミングの由来についてはまた後日・・・・。
jinntaizutubo.jpg←clinical chakraとツボの関係です。

nalcure fourseason←color compassと四季体質の関係です。

colorcompass と 体の入り口 - 2010.01.17 Sun


紫:迎香(鼻の横)
藍色:廉泉(のどぼとけの上)
水色:膻中(上気海)(左右の乳頭を結んだ線と胸の中心線上が交わるところ)
緑:期門(みぞおちから肋骨のへりに沿って指を下ろしていった時に触れる2つ目
     の骨の出っ張りと、乳頭直下の線が交わるところ)
黄緑:中脘(六腑の気)(へそとみぞおちを結んだ線上の中間あたりで、へそから
     4寸(指5本分)上)
黄色:臍
橙:章門(五臓の気)(第11肋骨の前端下際)
赤:丹田(背中では膈兪穴 )(丹は朱色を意味します。)


漢方薬やハーブ、アロマなどが体内へ入って行く時、の各色の入り口
は上気の穴になります。

 これらの穴から入り、体内の各部位に作用してゆきます。
チャクラのような感覚で見ていただければ、と思います。

ホメオスターシスレベル ゼロ - 2010.01.09 Sat

 ホメオスターシスレベルのお話は、今までに何回かしてきました。
では、究極のホメオスターシスレベルは何でしょう。

 それはずばり、ホメオスターシスレベル ゼロ です。
薬も何も要らない、精神的にも安定している状態がキープ
できて、健康状態も維持できている。

 そんな状態がホメオスターシスレベル ゼロです。

今後、自然律療法の目指すところは、レベル ゼロを
いかにして、達成するか、そのノウハウを構築すること
だと、思っています。

 高齢化社会の今、必要とされることだと思います。
これも、時間はかかりますが、徐々にアプローチして
ゆきたいと思っています。


 現在、好きな色でわかる漢方処方は 色別に配置が終わり、
各処方を構成している生薬の色分類と働きについて解説を
つける作業を行っています。一年くらいで完了すると思います。
完成のあかつきには、何らかの形で、公表できるようにしたい
と思っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。