FC2ブログ

2009-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在と法則 - 2009.04.26 Sun

 「混沌は無であり、その中に偶然なんらかの法則が
生じるとそれは存在となり、有となる。」
無からの宇宙の誕生とはそういうことではないでしょうか。

今日の明け方、暴風の音を聞きながらウツラウツラしていると
なんか、風の渦巻きの想像からそんなイメージが湧いてきました。

 現世での「存在」とはなんらかの法則そのもの
つまり、なんらかの法則があるものが存在である。
そしてその法則に逆らってしまうと、乱れが生じる
つまり、混沌に向かってしまう。

 色即是空とは言うものの、「存在」の強さに憧れてしまうのは
誰しも否定できない事実。特に、窮地に陥った時ほどその
憧れは強まります。

 でも、窮地に陥った原因をたどってゆけば、やはり、法則に
逆らってきた、自分がいるはず。

 そういう私も、きまり、規律、法則という言葉は大嫌い。
でも、良く考えれば、私が嫌いな決まりごとは人間が作った
決まりごと、自然の流れや、その法則について嫌いだと思った
ことはありません。というか人知の及ぶレベルではないところ
にその根源があるような気がするので、そんなことも
思い浮かばないとういのが正直なところでしょう。

 心の中をクリーニングし、心の奥底がいつも見えるように
しておけば、人知を超えた根源の法則に逆らうことはないはず。
そうすれば、怖いものは何もないはず。

 本当はとてつもなく大きくて、温かくて、おだやかな、この上ない
幸福感に包まれているのが本来の人間の姿のはず。
そう考えてみることが、根源の法則にのることのできるコツだと
思います。

 そんなもの信じられるか!?って?
じゃあ、おばけとか幽霊とか怖いものを信じますか?
「そんなものもいるはずが無い、俺は信じない。」
そんな声が聞こえてきそうですね。
でも、口では信じないと言ってても、
一番怖がっているのは、その人だというのも事実。

存在の事実もないのに、信じたくないのに、
その存在におびえているって、おかしいですよね。

 人間、危険回避のための本能からか、
怖いものは信じたくなくても、本音では信じているのです。
この時ばかりは理屈ぬきなのです。

 それなら、そんな嫌なものを信じてみるのなら、
そんなことをするくらいなら

 本当はとてつもなく大きくて、温かくて、おだやかな、この上ない
幸福感に包まれているのが本来の人間の姿のはず。
と思ってみることのほうが人間の心身の健康にとってずっと
いいのではないでしょうか?

とてつもなく大きくて、温かくて、おだやかな、この上ない
幸福感に包まれている感覚、一度くらいそういった経験
あるのではないでしょうか?あるいはそれに近い経験
ないでしょか?

 その感覚を大事にしてみませんか!?
 いつまでも「お化け屋敷」の中をおどおどと歩いていないで
そこは本当は日の当たる、あたたかな道なのですよ。

 そう、思えれば、今まで治らなかった症状も、治ります。
 
スポンサーサイト

右と左、前と後、上と下の法則 - 2009.04.02 Thu

体の右側に症状が多いとき、それは受身のストレス。(~~ばかり、させられて、いやだー、など)
体の左側に症状が多いとき、それは能動的ストレス。(~~しなければ、急がなければ、など)
例えば右側は心配ごと、左側はイライラで症状が強くなります。

体の前面は未来の記憶によるストレス。
体の後面は過去の記憶によるストレス。・・・で症状が出ます。

体の上部は意識にのぼるものが原因で症状が出ます。
体の下部には潜在意識の影響によることが原因で症状が出ます。


だいたい、今のところ、そういうことがわかってきています。
左利きの人はどうなのか、まだわかりません。

実例:
アルツハイマー病の人で、発病するまで気づかいしすぎてきた人(受身のストレス)
は右側の海馬が強く萎縮していました。(MRIの検査による)
また、ずーーとがまんし続けてきた人でアルツハイマー病になった人も同様でした。

イライラの多い人の頭痛は左側のコメカミ、鼻も左が詰まりやすい。のども左側が傷みやすい。
お腹も胃のある左上腹部が痛みやすい。(実はこの胃がキーポイントなのですが、)
下痢、便秘をする時も左下腹部が痛みやすい。足、股関節も左がやられやすい。

心配ごとを抱えている人、は右側の頭痛、右胸が痛む、右上腹部が傷む。
便秘した時など右下腹部が痛みやすい。足腰も右が痛みやすい。

皆さんも、ご自身の症状に照らし合わせてみれば思い当たることがあると思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

春田博之

Author:春田博之
はるた ひろゆき

~1960年生まれ

芦屋こころとからだのクリニック

院 長
color holisticmedicine
色彩応用医学 創設者

芦屋こころとからだのクリニックで、なぜか繰り返す症状、中々解決できない健康の悩みをこころとからだの両面からアプローチし数々の患者さんを救っている。

2014年には医療最前線の名医「現代の赤ひげ12人」の一人に選ばれた。

colorholistic creator として
セミナーも実施中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。